医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Frequency analysis of echo texture in tendon.

Published date

Frequency analysis of echo texture in tendon.

腱の反響テクスチャーの周波数分析。

Published date

Journal

Ultrasound Med Biol. 1999; 25; 959-68;

Author

T A Tuthill, J M Rubin, J B Fowlkes, D A Jamadar, R O Bude

Affiliation

Department of Radiology, University of Michigan Medical Center, Ann Arbor, USA. tuthill@umich.edu

Abstract

A texture discriminant based on spatial frequencies is proposed for characterizing B-scans of Achilles' tendon. The anisotropic echo texture of normal tendon has an ellipsoidal spatial spectrum that can be quantified by the ratio of the major-to-minor axis and by the direction of the major axis. Applying a moving window to the B-scan, a corresponding tissue elliptical axis ratio (TEAR) image is derived that segments out tendon. The algorithm was applied to B-scan images taken from 13 volunteers, 6 of whom had tendon abnormalities: tendon rupture (n = 3) or cholesterol deposits (xanthomas) in patients with heterozygous familial hypercholesterolemia (n = 3). The average TEAR value was 1.75 +/- 0.17 for normal tendon, 1.04 +/- 0.06 for torn tendon, and 1.31 +/- 0.16 for tendons with xanthomas. The dispersion of the directionality vectors was used to further differentiate tendons with xanthomas from normal tendons. This technique appears to be useful for characterizing both diffuse and focal tendon abnormalities.

 

空間周波数に基づくテクスチャー判別式は、アキレス腱のB-スキャンを特徴づけるために提案される。
正常な緊張材の異方性反響肌合いは、主要~軽度の軸の比率によって、そして、長軸の方向によって定量化されることができる楕円体空間スペクトルを持つ。
可動ウインドウをB-スキャンに適用して、腱を外へ分割する対応する組織楕円軸比率(TEAR)像は、引き出される。
アルゴリズムは13人のボランティアからとられるB-スキャン像に適用された。
そして、そのうちの6人は腱異常を呈した:腱断裂(n = 3)またはコレステロールは、ヘテロ接合家族性高コレステロール血症(n = 3)患者で、沈着する(黄色腫)。
平均TEAR値は、正常な腱のための1.75 +/- 0.17、裂けている腱のための1.04 +/- 0.06と黄色腫にかかった腱のための1.31 +/- 0.16であった。
指向性媒体動物の分散は、正常な腱から黄色腫で更に腱を区別するのに用いられた。
この技術は、びまん性および限局性腱異常を特徴づけることに役立つように見える。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x