医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

From the archives of the AFIP: Inflammatory and nonneoplastic bladder masses: radiologic-pathologic correlation.

Published date

From the archives of the AFIP: Inflammatory and nonneoplastic bladder masses: radiologic-pathologic correlation.

AFIPのアーカイブから:炎症性および非新生物の膀胱腫瘤:放射線学的病理学相関。

Published date

Journal

Radiographics. 26; 1847-68;

Author

Jade J Wong-You-Cheong, Paula J Woodward, Maria A Manning, Charles J Davis

Affiliation

Department of Diagnostic Radiology, University of Maryland School of Medicine, 22 S Greene St, Baltimore, MD 21201-1595, USA. jwong@umm.edu

Abstract

Although the vast majority of bladder tumors are epithelial neoplasms, a variety of nonneoplastic disorders can cause either focal bladder masses or diffuse mural thickening and mimic malignancy. Some of these entities are rare and poorly understood such as inflammatory pseudotumor, which produces ulcerated, bleeding polypoid bladder masses. These masses may be large and have an extravesical component. Bladder endometriosis manifests as submucosal masses with characteristic magnetic resonance imaging features consisting of hemorrhagic foci and reactive fibrosis. Nephrogenic adenoma has no typical features, and pathologic evaluation is required for diagnosis. Although imaging features of malacoplakia are also nonspecific, characteristic Michaelis-Gutmann bodies are found at pathologic evaluation. The various types of cystitis (cystitis cystica, cystitis glandularis, and eosinophilic cystitis) require pathologic diagnosis. Bladder infection with tuberculosis and schistosomiasis produces nonspecific bladder wall thickening and ulceration in the acute phase and should be suspected in patients who are immunocompromised or from countries where these infections are common. The diagnosis of chemotherapy cystitis and radiation cystitis should be clinically evident, but imaging may be used to determine severity and to assess complications. Extrinsic inflammatory diseases such as Crohn disease and diverticulitis may be associated with fistulas to the bladder and focal bladder wall abnormality. The extravesical findings allow the diagnosis to be made easily. Finally, extrinsic masses arising from the prostate or distal ureter may cause filling defects, which can be confused with intrinsic bladder masses.

 

大多数の膀胱腫瘍が上皮腫瘍であるにもかかわらず、種々の非新生物の障害は限局性膀胱腫瘤またはびまん性壁の肥厚を生じることがありえて、悪性に類似することがありえる。
これらの疾患単位の一部は炎症性偽腫瘍のようなまれなおよび十分によく理解されていない。
そして、それは潰瘍、出血するポリープ状膀胱腫瘤を生産する。
これらの腫瘤は大きい場合があって、外部膀胱構成要素を持っている場合がある。
膀胱子宮内膜症は、出血焦点と反応線維形成からなる特徴的磁気共鳴映像法機能による粘膜下腫瘤として現れる。
腎性腺腫には典型的特徴がない、そして、病理学評価は診断のために必要とされる。
マラコプラキアの画像診断特徴も非特異性であるにもかかわらず、特徴的ミカエリス・ガットマン小体は病理学評価で見つかる。
膀胱炎(嚢胞性膀胱炎、腺性膀胱炎と好酸球性膀胱炎)のさまざまな種類は、病理学的診断を必要とする。
結核と住血吸虫病を伴う膀胱感染症は、急性相に非特異性の膀胱壁肥厚と潰瘍を生産して、免疫不全であるか、これらの感染症は普通にみられる国の出身である患者で疑われなければならない。
化学療法膀胱炎と放射線膀胱炎の診断は臨床的に明白でなければならない、しかし、画像診断は重症度を決定して、合併症を評価するのに用いられる可能性がある。
Crohn病と憩室炎のような外因性炎症性疾患は、膀胱と限局性膀胱壁異常に瘻孔を伴う場合がある。
外部膀胱所見は、診断を容易になされさせる。
最後に、前立腺または遠位尿管から発生する外因性腫瘤によって陰影欠損が起きる場合がある。
そして、それは内因性膀胱腫瘤と混同されることができる。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x