医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ADCS Prevention Instrument Project: ADCS-clinicians' global impression of change scales (ADCS-CGIC), self-rated and study partner-rated versions.

ADCS予防器具プロジェクト:おつり表(ADCS-CGIC)(自動評価されるおよび研究パートナー評価されるバージョン)についてのADCS-臨床医の全体的な印象。

Published date

Journal

Alzheimer Dis Assoc Disord. 20; S124-38;

Author

Lon S Schneider, Christopher M Clark, Rachelle Doody, Steven H Ferris, John C Morris, Rema Raman, Barry Reisberg, Frederick A Schmitt

Affiliation

Keck School of Medicine, University of Southern California, Los Angeles, CA 90033, USA. lschneid@usc.edu

Abstract

BACKGROUND: Because primary prevention trials will require large samples and modest treatment effects are expected, the use of standard clinician-administered, clinic-based measures are unlikely to be feasible. There is a need for proxy-administered outcome measures. The goal of the Alzheimer's Disease Cooperative Study (ADCS) Prevention Instrument Project was to conduct a simulated Alzheimer disease prevention trial in 650 nondemented elderly (Ferris et al, 2006). This involved comparison of data acquisition from both home and clinic and the use of both informant-ratings and self-ratings. Important outcomes included clinical global impressions of change (CGIC) as indicators of clinically meaningful change. Such ratings provide verification that the effects of a medication as measured on rating scales are readily observable and clinically meaningful. One objective was to develop self-rated and study partner-rated CGICs optimized for nondemented elderly or people with very early Alzheimer disease. An important consideration was whether global assessments are specific and sensitive measures of change during a prevention trial.

 

METHODS: A self-administered CGIC and a study partner-rated CGIC were developed to be used either in the clinic or at home. Using 3-month follow-up data, we determined its reliability and validity with 317 subject-partner pairs. We compared subject-ratings with partner-ratings, clinic-based with home-based ratings, and ratings based on severity as determined by the Clinical Dementia Rating scale.

 

RESULTS: There were no differences between clinic and home ratings. Overall, 24% of subjects rated themselves, and 10% of study partners rated the subjects, as minimally to markedly improved. Subjects and partners agreed to within 1 point of their ratings 83% of the time on the 7-point scale. There were weak correlations, generally <0.20, with change scores of selected clinical rating scales.

 

DISCUSSION: The CGICs behaved as expected, showing no overall change over 3 months, no difference between administrations at home compared with clinics, and concurrent validity. Some subjects tended to rate themselves better than their partners rated them. These analyses show the potential for using home-based CGICs which can be completed with minimal supervision and allow assessments of potential preventative interventions.

 

背景第一次予防試験が大きな検体を必要とする、そして、適度の治療効果が予想されるので、標準臨床医が管理する、クリニック・ベースの方法の使用が可能にしそうになくて、ある。
代理が管理する転帰尺度の必要が、ある。
アルツハイマーのDisease Cooperative Study(ADCS)Prevention Instrument Projectの目的は、650人の非痴呆の年輩者(フェリス、など、2006)でシミュレーションされたAlzheimer病予防試験を行うことであった。
これは、データ収集の比較を両方の家とクリニックと情報提供者-評価と自己評定の使用から含んだ。
重要な結果は、臨床的に意味がある変化の指標として、変化(CGIC)についての臨床全体的な印象を含んだ。
そのような評価は、尺度を評価することに測定される薬物の作用が直ちに観察可能なおよび臨床的に意味がある確認を提供する。
1つの目的は、自動評価されて発達して、非痴呆の年輩者または非常に初期のAlzheimer病のある人々のために最適化されるパートナー評価されるCGICsを研究することであった。
総合評価が予防試験の間の変化の特定のおよび感受性が高い計測であるかどうかにかかわらず、重要な考慮はそうであった。
方法自己投与のCGICと研究パートナー評価されるCGICは、クリニックで、または、自宅で使われるために開発された。
3ヵ月の追跡調査データを使用して、我々は317の従属するパートナー対でその信頼性と有効性を決めた。
我々は、従属する評価をClinical Dementia Ratingスケールが決定した重症度に基づくパートナー-評価(在宅評価でクリニック・ベースの)と評価と比較した。
結果クリニックと家庭の評価の違いが、なかった。
全体として、被験者の24%はそれ自身を評価した、そして、著しく改善されるものに最小限あるにつれて、研究パートナーの10%は被験者に課税した。
被験者とパートナーは、7ポイント・スケールで当時のそれらの評価83%の1ポイント以内にに同意した。
弱い相関(一般に<0.20)が、選択された臨床評価尺度の変化スコアであった。
討論CGICsは予想通りにふるまった。
そして、3ヵ月にわたる全体の変化でない、自宅のクリニックと比較して投与の間の差でないと同時妥当性を示した。
一部の被験者は、それ自身をそれらのパートナーがそれらを評価したより良好であると評価する傾向があった。
これらの分析は、最小の監督で完了されることができて、潜在的予防的介入の評価を可能にすることができる在宅CGICsを使用する潜在能力を示す。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x