医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Does treatment with duloxetine for neuropathic pain impact glycemic control?

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Does treatment with duloxetine for neuropathic pain impact glycemic control?

神経障害性疼痛のためのデュロキセチンによる治療は、血糖管理に影響を与えるか?

Published date

Journal

Diabetes Care. 2007; 30; 21-6;

Author

Thomas Hardy, Richard Sachson, Shuyi Shen, Mary Armbruster, Andrew J M Boulton

Affiliation

Eli Lilly, Lilly Corporate Center DC 2138, Indianapolis, IN 46285, USA. hardyta@lilly.com

Abstract

OBJECTIVE: We examined changes in metabolic parameters in clinical trials of duloxetine for diabetic peripheral neuropathic pain (DPNP).

 

RESEARCH DESIGN AND METHODS: Data were pooled from three similarly designed clinical trials. Adults with diabetes and DPNP (n = 1,024) were randomized to 60 mg duloxetine q.d., 60 mg b.i.d., or placebo for 12 weeks. Subjects (n = 867) were re-randomized to 60 mg duloxetine b.i.d. or routine care for an additional 52 weeks. Mean changes in plasma glucose, lipids, and weight were evaluated. Regression and subgroup analyses were used to identify relationships between metabolic measures and demographic, clinical, and electrophysiological parameters.

 

RESULTS: Duloxetine treatment resulted in modest increases in fasting plasma glucose in short- and long-term studies (0.50 and 0.67 mmol/l, respectively). A1C did not increase in placebo-controlled studies; however, a greater increase was seen relative to routine care in long-term studies (0.52 vs. 0.19%). Short-term duloxetine treatment resulted in mean weight loss (-1.03 kg; P < 0.001 vs. placebo), whereas slight, nonsignificant weight gain was seen in both duloxetine and routine care groups with longer treatment. Between-group differences were seen for some lipid parameters, but these changes were generally small. Metabolic changes did not appear to impact improvement in pain severity seen with duloxetine, and nerve conduction was also not significantly impacted by treatment.

 

CONCLUSIONS: Duloxetine treatment was associated with modest changes in glycemia in patients with DPNP. Other metabolic changes were limited and of uncertain significance. These changes did not impact the significant improvement in pain observed with duloxetine treatment.

 

目的我々は、糖尿病性末梢神経障害性疼痛(DPNP)のために、デュロキセチンの臨床試験で、代謝パラメータの変化を調べた。
調査計画と方法:データは、3件の同じように設計された臨床試験からプールされた。
糖尿病とDPNP(n = 1,024)をもつ成人は、12週の間60mgのデュロキセチン毎日、60mgのb.i.d.またはプラセボにランダム化された。
被験者(n = 867)は、60mgのデュロキセチンb.i.d.またはさらに52週の日常的なケアに再ランダム化された。
血漿ブドウ糖、脂質と体重の平均変化は、評価された。
退行とサブグループ分析は、代謝的な手段と人口統計学的、臨床および電気生理学のパラメータの関係を同定するのに用いられた。
結果デュロキセチン治療は、短期および長期の研究(それぞれ0.50と0.67mmol/l)で、空腹時血漿グルコースの適度の増加に帰着した。
A1Cは、プラセボ対照試験が増加しなかった;しかしながら、より大きな増加は、長期の研究(0.52対0.19%)で、ルーチンの治療と関連して見られた。
短期デュロキセチン治療は、平均体重損失に帰着した(-1.03kg;P < 0.001対プラセボ)、軽微な、有意でない体重増加は、より長い治療でデュロキセチンと単調な治療群で見られた。
グループ間差は若干の脂質パラメータについて参照された、しかし、これらの変化は通常、小さかった。
物質代謝は改善をデュロキセチンで見られる疼痛重症度に詰め込むように見えなかった、そして、神経伝導は治療にも有意に影響を受けなかった。
結論:デュロキセチン治療は、DPNPを有する患者で、糖血の適度の変化と関係していた。
他の物質代謝は制限されて、不確かな有意性のあった。
これらの変化は、有意な改善をデュロキセチン治療で観察される痛みに詰め込まなかった。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x