医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Effects of the antidepressant duloxetine on body weight: analyses of 10 clinical studies.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Effects of the antidepressant duloxetine on body weight: analyses of 10 clinical studies.

体重の抗うつデュロキセチンの作用:10件の臨床試験の分析。

Published date

Journal

Prim Care Companion J Clin Psychiatry. 2006; 8; 269-78;

Author

Thomas N Wise, David G S Perahia, Beth A Pangallo, William G Losin, Curtis G Wiltse

Affiliation

Inova Fairfax Hospital, Falls Church, Va, USA.

Abstract

Objective: To assess the effect of duloxetine, an inhibitor of serotonin and norepinephrine reup-take, on body weight of patients with major depressive disorder (MDD). Method: Body weight data were obtained from all 10 phase II and III registration studies of duloxetine in the treatment of MDD, as defined by the Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fourth Edition (DSM-IV), performed by Eli Lilly and Company between February 1999 and July 2003. Both acute (8-9 weeks) and long-term (26, 34, and 52 weeks) studies were analyzed. Results: In the acute placebo-controlled studies, duloxetine-treated patients had a mean change of -0.5 kg compared with a change of 0.2 kg for placebo-treated patients (p < .001); no consistent relationship between duloxetine dose and weight change was observed. In placebo-controlled studies including an active comparator arm, similar acute mean weight changes were seen in duloxetine-treated and fluoxetine-treated patients (-0.7 kg vs. -0.6 kg) and in duloxetine-treated and paroxetine-treated patients (-0.3 kg vs. -0.2 kg). During longer-term treatment (34 weeks), mean weight change in patients treated with duloxetine 40 mg b.i.d. was not significantly different from that seen in placebo-treated patients (0.7 kg vs. 0.1 kg), while patients treated with the higher duloxetine dose of 60 mg b.i.d. or with paroxetine gained significantly (p ≤?.05) more weight than placebo-treated patients (0.9 kg, 1.0 kg, and 0.1 kg, respectively). In a 52-week open-label study, duloxetine-treated patients had a mean weight gain of 1.1 kg at endpoint (p < .001). Conclusion: Duloxetine-treated patients experienced weight loss after short-term treatment, followed by modest weight gain on longer-term treatment. The size of the weight changes observed suggests that the antidepressant duloxetine has minimal effects on weight for the majority of patients.

 

目的大うつ病性障害(MDD)患者の体重の上でデュロキセチン(セロトニンとノルエピネフリン再摂取の抑制薬)の作用を評価すること。
方法:体重データは全10の第II相から得られた、そして、精神疾患診断統計マニュアル(第4の版)(DSM-IV)によって定義されるように、MDDの治療のデュロキセチンのIII登録研究は1999年2月と2003年7月の間にイーライ・リリーと会社によって実行した。
鋭敏なおよび(8-9週)長期の(26、34と52週)研究は、分析された。
結果鋭敏なプラセボ対照試験では、デュロキセチン治療患者は、プラセボ治療患者(p < .001)のために、0.2kgの変更と比較して、-0.5kgの平均変化を持った;デュロキセチン用量と体重変化の一貫した関係は、観察されなかった。
アクティブ・コンパラトール・アームを含むプラセボ対照試験では、類似の深刻な平均体重変化は、デュロキセチン治療およびフルオキセチン治療患者(-0.7kg対-0.6kg)で、そして、デュロキセチン治療およびパロキセチン治療患者(-0.3kg対-0.2kg)で見られた。
より長期の治療(34週)の間、患者が60mgのb.i.d.のより高いデュロキセチン用量で、または、有意に得られるパロキセチンで交渉する間、患者の変化がデュロキセチン40mgのb.i.d.で扱った平均体重はプラセボ治療患者(0.7kg対0.1kg)の中に認められてそれと有意な差はなかった(p≤?05) プラセボ治療患者(0.9kg、1.0kgと0.1kg、それぞれ)より多くの体重。
52週間の非盲検試験では、デュロキセチン治療患者は、エンドポイント(p < .001)で、1.1kgの平均体重増加を呈した。
結論デュロキセチン治療患者は短期治療の後体重減少を経験した。
そして、より長期の治療に関して適度の体重増加が続いた。
観察される体重変化の大きさは、抗うつデュロキセチンが大多数の患者のために体重に最小の影響を及ぼすことを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x