PubMed日本語 - 人工股関節全置換術の合併症としての膀胱のPseudotumour:超音波検査、CTとMR所見。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Pseudotumour in the bladder as a complication of total hip replacement: ultrasonography, CT and MR findings.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Pseudotumour in the bladder as a complication of total hip replacement: ultrasonography, CT and MR findings.

人工股関節全置換術の合併症としての膀胱のPseudotumour:超音波検査、CTとMR所見。

Published date

Journal

Br J Radiol. 2007; 80; e119-21;

Author

S J Park, H K Lee, B H Yi, J G Cha, H C Kim, K W Lee, M E Kim, G W Kwon

Affiliation

Department of Radiology, Soonchunhyang University Bucheon Hospital, 1174, Jung-dong, Wonmi-gu, Bucheon-si, Gyeonggi-do, 420-021, Republic of Korea. indawn@hanafos.com

Abstract

We report a pseudotumour in the urinary bladder following total hip replacement with review of the literature. Pseudotumour in the urinary bladder as a late complication of total hip replacement is an extremely rare condition. In this case, cross-sectional imaging modalities including sonography, CT and MR showed a hypervascular polypoid mass in the urinary bladder and adjacent wall thickening with a band connecting between the mass and the acetabulum. Histopathological diagnosis confirmed acute and chronic inflammation with calcification.

 

我々は、文献のレビューで、人工股関節全置換術の後、膀胱で偽腫瘍を報告する。
人工股関節全置換術の遅い合併症としての膀胱のPseudotumourは、極度にまれな状態である。
この場合、超音波検査、CTとMRを含む断面画像診断法は、腫瘤と股臼の間に接続している帯で厚くなっている膀胱と隣接した壁でハイパー脈管のポリープ状腫瘤を示した。
病理組織学的診断は、石灰化で急性および慢性炎症を確認した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x