PubMed日本語 - 正常なイヌにおける硝子変性の超音波検査評価。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Ultrasonographic evaluation of vitreous degeneration in normal dogs.

Published date

Ultrasonographic evaluation of vitreous degeneration in normal dogs.

正常なイヌにおける硝子変性の超音波検査評価。

Published date

Journal

Vet Radiol Ultrasound. 49; 165-71;

Author

Julien J Labruyère, Claudia Hartley, Katherine Rogers, Graham Wetherill, J Fraser McConnell, Ruth Dennis

Affiliation

Animal Health Trust, Lanwades Park, Kentford, Newmarket, Suffolk, UK. julien.labruyere@aht.org.uk

Abstract

Vitreous degeneration is common in dogs and may be associated with cataract formation. Vitreous degeneration may be identified using B-mode ultrasonography and appears as multiple, small, motile, point-like echoes within the vitreous cavity. In humans, vitreous degeneration has also been observed in normal aging eyes but the incidence of vitreous degeneration in dogs without cataract has not previously been documented. The purpose of this study was to describe the ultrasonographic appearance of vitreous degeneration and to investigate its incidence in a population of dogs without cataract or other apparent eye disease. The eyes of 62 dogs were evaluated as part of a prospective study. All dogs underwent ophthalmological and ultrasonographic examinations and vitreal changes were graded on ultrasonography using a predetermined grading scheme. Vitreous degeneration was found in 20% (23/114) of the eyes on ultrasonographic examination but in only 8% (9/114) of eyes on direct ophthalmoscopy. Sensitivity and specificity of ophthalmoscopy using ultrasonography as a gold standard were respectively, 39% and 100%. Vitreal syneresis and asteroid hyalosis could be distinguished according to their ultrasonographic characteristics. The probability of having vitreous degeneration increased with the age of the dog (odds ratio = 6.7 for dogs of 7 + years compared with 0-6 years) and also increased in females compared with males (odds ratio = 3.6). Vitreous degeneration, especially mild vitreal syneresis, is not uncommon in normal dogs; it was shown to be an age-related condition and its significance should not be overinterpreted on ocular ultrasonography.

 

硝子変性はイヌに普通にみられて、白内障形成を伴う場合がある。
硝子変性はBモード超音波検査法を用いて確認される可能性があって、硝子体腔内の複数の、小さい、運動型、点様の反響として現れる。
ヒトにおいて、硝子変性は正常な老化眼でも観察された、しかし、白内障のないイヌにおける硝子変性の発生率は以前に記録されなかった。
本研究の目的は、硝子変性の超音波検査出現を述べて、白内障または他の顕性眼病なしでイヌの集団でその発生率を調査することであった。
62匹のイヌの眼は、前向き研究の一部として評価された。
すべてのイヌは眼科および超音波検査検査を受けた、そして、vitreal変化は予め定められた等級づけ方式を用いた超音波検査法に関して等級分けされた。
硝子変性は、超音波検査に対する視線の20% (23/114)で、しかし、直接検眼法に対する視線のわずか8% (9/114)で見つかった。
標準がそれぞれそうであった金としての超音波検査、39%と100%を用いた検眼鏡検査法の感度と特異性。
Vitreal栓状沈澱と硝子体閃輝症は、それらの超音波検査特徴によって区別されることができた。
硝子変性がある確率は、イヌ(0-6年と比較して+年の7のイヌのためのオッズ比= 6.7)の年齢で増加して、更に男性(オッズ比= 3.6)と比較して、女性が増加した。
硝子変性(特に軽度のvitreal栓状沈澱)は、正常なイヌでまれでない;それは年齢関連性状態であることが示された、そして、その有意性は眼超音波検査に関するoverinterpretedであってはならない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x