医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Dipeptidyl peptidase IV (DPP IV) and related molecules in type 2 diabetes.

Published date 2008 May 1

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Dipeptidyl peptidase IV (DPP IV) and related molecules in type 2 diabetes.

静注で(静注でDPP)ジペプチジルペプチダーゼと2型糖尿病の関連した分子。

Published date

2008-05-01

Journal

Front Biosci. 2008; 13; 3648-60;

Author

Peter R Flatt, Clifford J Bailey, Brian D Green

Affiliation

School of Biomedical Sciences, University of Ulster, Coleraine, UK.

Abstract

Dipeptidyl peptidase IV (DPP IV) is a widely distributed physiological enzyme that can be found solubilized in blood, or membrane-anchored in tissues. DPP IV and related dipeptidase enzymes cleave a wide range of physiological peptides and have been associated with several disease processes including Crohn's disease, chronic liver disease, osteoporosis, multiple sclerosis, eating disorders, rheumatoid arthritis, cancer, and of direct relevance to this review, type 2 diabetes. Here, we place particular emphasis on two peptide substrates of DPP IV with insulin-releasing and antidiabetic actions namely, glucagon-like peptide-1 (GLP-1) and glucose-dependent insulinotropic polypeptide (GIP). The rationale for inhibiting DPP IV activity in type 2 diabetes is that it decreases peptide cleavage and thereby enhances endogenous incretin hormone activity. A multitude of novel DPP IV inhibitor compounds have now been developed and tested. Here we examine the information available on DPP IV and related enzymes, review recent preclinical and clinical data for DPP IV inhibitors, and assess their clinical significance.

 

静注で(静注でDPP)ジペプチジルペプチダーゼは、血中で可溶化されるのを発見されることができる広く分布する生理的酵素であるか、組織の中に膜静止した。
DPP IVと関連したジペプチダーゼ酵素は、広範囲にわたる生理的ペプチドを切断して、クローン病、慢性肝疾患、骨粗鬆症、多発硬化、摂食障害、関節リウマチ、そして、このレビュー(2型糖尿病)への直接的な関連の、癌を含むいくつかの疾病経過と関係していた。
ここでは、我々はインシュリンをリリースおよび抗糖尿病性動き(すなわち、グルカゴン様のペプチド-1(GLP-1)とブドウ糖依存的なインシュリン分泌性ポリペプチド(GIP))で、特定の強調を静注でDPPの2つのペプチド基質に配置する。
2型糖尿病でDPP IV活動を阻害するための正当性は、それがペプチド裂開を減少させて、それによって内因性のincretinホルモン活性を強化するということである。
新しいDPP IV抑制薬合成物の多数は、今は開発されて、検査された。
ここでは、我々はDPP IVと関連した酵素の上で利用可能な情報を調べて、DPP IV抑制薬について最近の前臨床医学および臨床データを見直して、それらの臨床的重要性を評価する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x