医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

The effect of serum urate on gout flares and their associated costs: an administrative claims analysis.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

The effect of serum urate on gout flares and their associated costs: an administrative claims analysis.

痛風フレアとそれらの関連する経費の血清尿酸塩の効果:管理の請求分析。

Published date

Author

Rachel Halpern, Mahesh J Fuldeore, Reema R Mody, Pankaj A Patel, Ted R Mikuls

Affiliation

i3 Innovus, Eden Prairie, Minnesota 55344, USA. rachel.halpern@i3innovus.com

Abstract

BACKGROUND: Increased serum urate (sUA) levels (> or =6.0 mg/dL) are associated with increased likelihood of acute gout attacks, or "flares."

 

OBJECTIVES: Identify gout flares with administrative claims data; examine the relationship between sUA and flares; examine the association between sUA and flare-related costs.

 

METHODS: This retrospective administrative claims analysis examined subjects with gout (> or =2 medical claims with ICD-9-CM diagnosis code 274.xx or > or =1 claim with a gout diagnosis and > or =1 pharmacy claim for allopurinol, probenecid, colchicine, or sulfinpyrazone) between January 1, 2002 and March 31, 2004. Each subject was observed during 1-year baseline and 1-year follow-up periods. Gout flares were identified with an algorithm using claims for services associated with flares. Outcomes were sUA (mg/dL) and flare-related health care costs. Logistic regression examined the likelihood of flare; generalized linear modeling regression measured the impact of baseline sUA on flare costs, controlling for demographic and health status variables.

 

RESULTS: The study sample comprised 18,243 subjects with mean age of 53.9 years. sUA was available for 4277 (23%) subjects. Sixty-two percent (11,253) of subjects had > or =1 flare. The number of mean, unadjusted flares increased with sUA. Logistic results showed subjects with baseline sUA > or =6.0 relative to sUA <6.0 had 1.3 times the odds of gout flare (P <0.05). Generalized linear modeling results showed that baseline sUA > or =6.0 was associated with 2.1 to 2.2 times higher flare costs than was baseline sUA <6.0 (P <0.05).

 

CONCLUSIONS: sUA was a significant predictor both of gout flare and related costs. This highlights the importance of gout management strategies aimed at controlling sUA.

 

背景血清尿酸塩(sUA)レベルを増加させる(> または=6.0 mg/dL)、急性痛風発作または「フレア」の高まった可能性と関係している。
目的痛風フレアを管理の請求データと同一視する;sUAとフレアの関係を調べる;sUAとフレア関連の経費の間の関係を調べる。
方法この後向き管理の請求分析は、痛風で被験者を検査した(> またはICD-9-CM診断コード274.xxによる=2医療権利、または、 > または痛風診断による=1請求、そして、 > または、=1薬局は、アロプリノール、プロベネシド、コルヒチンまたはスルフィンピラゾンのために請求する)2002年1月1日と2004年3月31日の間に。
各被験者は、1年のベースラインと1年の追跡調査期間の間に観察された。
痛風フレアは、フレアと関連したサービスに対する請求を用いたアルゴリズムで識別された。
結果は、sUA(mg/dL)とフレア関連の健康管理費用であった。
ロジスティック回帰は、フレアの可能性を調べた;全般的な線形モデリング退行は、ベースラインsUAのフレア経費(人口統計学的および健康状態変数のための制御)に対する衝撃を測定した。
結果研究検体は53.9歳の平均年齢で18,243人の被験者から成った。
sUAは4277の(23%)学科に使えた。
被験者の(11,253)が持った62パーセント > または、=1は再燃する。
平均、調整の済んでいないフレアの数は、sUAで増加した。
ロジスティック結果は、ベースラインsUAで被験者を示した > または<6.0が痛風フレア(P < 0.05)の確率の1.3倍持ったsUAと関連して=6.0。
全般的な線形モデリング結果は、そのベースラインsUAを示した > または、=6.0は、ベースラインsUA<6.0(P < 0.05)であったより2.1~2.2倍高度なフレア経費と関係していた。
結論:sUAは、痛風フレアと関連した経費を有意の占うものであった。
これは、sUAを制御することを目的とする痛風処置戦略の重要性を強調する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x