医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

A critical reappraisal of allopurinol dosing, safety, and efficacy for hyperuricemia in gout.

痛風の高尿酸血のためのアロプリノール投薬、安全性と有効性の批評的な再評価。

Published date

Journal

Curr Rheumatol Rep. 2009; 11; 135-40;

Author

Jeannie Chao, Robert Terkeltaub

Affiliation

Department of Rheumatology, VA Medical Center, 3350 La Jolla Village Drive, San Diego, CA 92161, USA.

Abstract

Allopurinol, the first-line drug for serum urate-lowering therapy in gout, is approved by the US Food and Drug Administration for a dose up to 800 mg/d and is available as a low-cost generic drug. However, the vast majority of allopurinol prescriptions are for doses < or = 300 mg/d, which often fails to adequately treat hyperuricemia in gout. This situation has been promoted by longstanding, non-evidence-based guidelines for allopurinol use calibrated to renal function (and oxypurinol levels) and designed, without proof of efficacy, to avoid allopurinol hypersensitivity syndrome. Severe allopurinol hypersensitivity reactions are not necessarily dose-dependent and do not always correlate with serum oxypurinol levels. Limiting allopurinol dosing to < or = 300 mg/d suboptimally controls hyperuricemia and fails to adequately prevent hypersensitivity reactions. However, the long-term safety of elevating allopurinol dosages in chronic kidney disease requires further study. The emergence of novel urate-lowering therapeutic options, such as febuxostat and uricase, makes timely this review of current allopurinol dosing guidelines, safety, and efficacy in gout hyperuricemia therapy, including patients with chronic kidney disease.

 

アロプリノール(痛風の血清尿酸塩-低下治療のための一次薬)は、800mg/dまで用量のために米国食品医薬品局の承認を得て、低コスト一般薬として使われる。
しかしながら、大多数のアロプリノール処方は用量<または= 300mg/dのためである。
そして、それは痛風で適切に高尿酸血を治療するのにしばしば失敗する。
この状況は腎機能(そして、oxypurinolレベル)に調整されるアロプリノール使用のための長年の、非根拠に基づくガイドラインによって進められて、有効性の証明なしで、アロプリノール過敏症症候群を回避するようにできていた。
重篤なアロプリノール過敏性反応は必ずしも用量依存的であるというわけではなくて、血清oxypurinolレベルと必ずしも相関しない。
最適以下でアロプリノール投薬を<または= 300mg/dに制限することは、高尿酸血を制御して、適切に過敏性反応を防止するのに失敗する。
しかしながら、慢性腎疾患でアロプリノール投薬量を上昇させる長期の安全性は、更なる検査を必要とする。
新しい尿酸塩を低くする治療的なオプション(例えばフェブキソスタットとウリカーゼ)の出現は、痛風高尿酸血治療(慢性腎疾患患者を含む)で、現在のアロプリノール投薬ガイドライン、安全性と有効性のこの再調査をタイムリーにする。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x