医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Specific in situ visualization of the pathogenic endophytic fungus Aciculosporium take, the cause of witches' broom in bamboo.

Published date 2009 May 22

Specific in situ visualization of the pathogenic endophytic fungus Aciculosporium take, the cause of witches' broom in bamboo.

Aciculosporiumがとる病原性内部増殖性ポリープ(竹の天狗巣病の原因)の特異的な元の位置の明視化。

Published date

2009-05-22

Author

Eiji Tanaka

Affiliation

Department of Environmental Science and Engineering, Ishikawa Prefectural University, Nonoichi-cho, Ishikawa 921-8836, Japan. tanakae@ishikawa-pu.ac.jp

Abstract

The endophytic fungus Aciculosporium take (Ascomycota; Clavicipitaceae) causes continuous shoot growth in bamboo. The colonized shoot eventually results in witches' broom formation but maintains normal leaf arrangement and branching pattern. To analyze the mechanism of well-regulated symptom development, the location of the fungal endophytic hyphae in host tissues was visualized. A colorimetric in situ hybridization technique using a species-specific oligonucleotide probe targeting the 18S rRNA of A. take was used. In situ hybridization was performed on tissue sections of diseased shoots with or without external signs of fungal colonization. Specific signals were detected in intercellular spaces of the bamboo tissues. Most signals were detected in the shoot apical meristem and the leaf primordia. In addition, fewer signals were detected in the lateral buds, juvenile leaves, and stems. These results indicate that A. take grows endophytically, particularly in the shoot apical meristem of the host. The location of A. take hyphae suggests that the mechanism of symptom development can be explained by the action of exogenous fungal auxin, which continuously induces primordium initiation within the host.

 

Aciculosporiumがとる(子嚢菌; Clavicipitaceae)内部増殖性ポリープは、竹の連続撮影増大を生じる。
保菌している撮影は、最終的に天狗巣形態に帰着するが、通常葉配置と分岐形成パターンを維持する。
よく整った症状発生の機序を分析するために、宿主組織の菌類の内部増殖性菌糸の位置は、視覚化された。
A.取得の18SリボソームRNAを目標としている種特異的なオリゴヌクレオチド・プローブを用いた比色原位置ハイブリッド形成テクニックが、使われた。
原位置ハイブリッド形成は、菌類のコロニー形成の外部の徴候の有無にかかわらず、罹病新芽の組織切片に対して行われた。
特定の信号は、竹組織の細胞間隙で検出された。
大部分の信号は、撮影頂端分裂組織と葉起源で検出された。
加えて、より少しの信号は、側芽、少年の葉と基部で検出された。
特に宿主の撮影頂端分裂組織において、これらの結果は、A.取得がendophyticallyに成長することを示す。
A.の位置菌糸をして症状発生の機序が外因性菌類のオーキシン(宿主の範囲内で原基開始を連続的に誘導する)の作用によって説明されることができることを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x