医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Black hip, fracture neck of femur and scoliosis: A case of ochronosis.

黒い股関節、骨折大腿骨頸と脊柱側弯症:オクロノーシスの症例。

Published date

2009-06-07

Author

B Zacharia, J Chundarathil, V Ramakrishnan, R M Krishnankutty, R Veluthedath, K Puthezhath, I Varughese

Affiliation

Government Medical College, Calicut, India, balaji.zacharia@gmail.com.

Abstract

Background: Ochronosis is a very rare disorder with an incidence of 2 to 5 per million live births. It is a genetic disorder with autosomal recessive inheritance. It is characterized by dark brown pigmentation of cartilage, capsules of joints and other soft tissues. Ochronosis usually presents as ochronotic arthropathy and spondylosis. Purpose: This article describes a very rare presentation of scoliosis and fracture of the neck of the femur in a patient with ochronosis. Methods: A 65-year-old woman with left-sided scoliosis presented to us following a fall with fracture of the neck of the femur on the left side. Radiological examination and biochemical study of urine were consistent with ochronosis. Procedure and results: We have treated the patient by excision arthroplasty. Conclusion: We report a case of scoliosis, fracture of the neck of the femur and ochronosis occurring together in a patient.

 

背景オクロノーシスは、100万出生当たりの2~5の発生率による非常にまれな障害である。
それは、常染色体劣性遺伝を伴う遺伝病である。
それは、軟骨(関節と他の軟部組織嚢)の暗褐色の色素沈着によって特徴づけられる。
オクロノーシスは、通常ochronotic関節症と脊椎症として現れる。
目的:本論文は、脊柱側弯症の非常に珍しい提出と組織褐変症患者における大腿骨の頸部骨折を述べる。
方法左側脊柱側弯症の65歳の女性は、左側で大腿骨の頸部骨折で、転倒の後、我々に現れた。
尿の放射線検査と生化学的試験は、オクロノーシスと整合していた。
処置と結果:我々は、摘出関節形成によって患者を治療した。
結論我々は脊柱側弯症の症例を報告する。
そして、大腿骨とオクロノーシスの頸部骨折が一緒に患者に起こる。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x