医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Efficacy and safety of memantine in Lewy body dementia.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Efficacy and safety of memantine in Lewy body dementia.

レビーにおけるメマンチンの効能と安全性は、痴呆を具体化する。

Published date

Author

O S Levin, L A Batukaeva, I G Smolentseva, N A Amosova

Affiliation

Department of Neurology, Russian Postgraduate Medical Academy, Moscow, Russia.

Abstract

Lewy body dementia (LBD) is a progressive brain disease manifest as dementia and parkinsonism, along with psychotic and autonomic disorders. Although studies in recent years have demonstrated the positive effects of cholinesterase inhibitors in LBD, the search for therapeutic agents with other mechanisms of action remains relevant. An open, controlled, 16-week study was performed with the aim of evaluating the efficacy and safety of memantine in patients with clinically diagnosed LBD (criteria of McKeith et al., 1999). The study included 23 patients (mean age 69.2 +/- 5.9 years), who were divided into two groups: 14 patients received memantine at a dose of 20 mg/day and nine patients constituted the control group. Efficacy was evaluated using a battery of quantitative neurospychological tests, clinical scales for assessment of fluctuations in mental states, scales for assessment of behavioral and psychotic disorders, and the general clinical impression scale. The results demonstrated that memantine had positive effects on the patients' general status and cognitive functions (increases on the mini mental state examination by 1.5 points), mainly because of improvements in attention and control functions. There were also reductions in the severity of fluctuations in mental state, aggressivity, lack of spontaneity, and disinhibition. The severity of psychotic and motor disorders did not change significantly. Tolerance of the agent was good, only two patients withdrawing from the study because of episodes of confusion during the dose titration period.

 

精神病性および自律神経障害とともに、レビ小体痴呆(LBD)は、痴呆とパーキンソン症候群として顕性進行性脳疾患である。
研究がLBDでコリンエステラーゼ阻害薬の陽性作用を近年示したにもかかわらず、動きの他の機序による治療薬の検索は関連するままである。
開いた、制御された、16週間の検査は、臨床的に診断されたLBD(McKeithその他、1999年の基準)を有する患者でメマンチンの効能と安全性を評価する目的で行われた。
本研究は23例の患者(69.2 +/- 5.9歳平均年齢)を含んだ。
そして、その人は2つの群に分けられた:14例の患者は20mg/日の用量でメマンチンを投与された、そして、9例の患者は対照群を設立した。
有効性は、定量的neurospychological試験の一連、精神状態の変動の評価のための臨床尺度、行動および精神病性障害の評価のための尺度と一般の臨床印象スケールを使用して評価された。
主に注意と制御機能の改善のため、結果は、メマンチンが患者の一般状態と認知機能(1.5ポイントによるミニ精神状態検査での増加)に陽性影響を及ぼすことを証明した。
精神状態、攻撃性、自発性欠乏と脱抑制の変動の重症度の減少も、あった。
精神病性および運動障害の重症度は、有意に変化しなかった。
薬剤の耐性は良好だった。
そして、2例の患者だけが用量滴定期間の間に錯乱発症のため、本研究から撤退した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x