医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Endophyte-induced Verticillium protection in tomato is range-restricted.

Published date

Endophyte-induced Verticillium protection in tomato is range-restricted.

トマトの内部寄生菌によって誘発されたヴァティシリウム属予防は、範囲制限的である。

Published date

Journal

Plant Signal Behav. 2009; 4; 160-1;

Author

Hakeem O Shittu, Abdus S Shakir, Ross N Nazar, Jane Robb

Affiliation

Department of Molecular and Cellular Biology, University of Guelph, Guelph, Ontario, Canada.

Abstract

Endophytes, bacterial, fungal or viral, colonize plants often without causing visible symptoms. More important, they may benefit host plants in many ways, most notably by preventing diseases caused by normally virulent pathogens. Previous studies have shown that an isolate of V. dahliae from eggplant, Dvd-E6, can colonize tomato endophytically, producing taller and more robust tomato plants while providing protection against a virulent V. dahliae, race 1 (Vd1) isolate. Expression analyses suggest this requires interplay between Dvd-E6 and the plant that involves resistance and defense genes. To examine the possibility of a broader effect, dual interactions have been further examined with a more distantly related pathogen, Verticillium albo-atrum (Vaa). The results indicate Dvd-E6 colonization selectively modifies the expression of specific tomato genes to be detrimental to Vd1 but not Vaa, providing evidence that Verticillium-induced protection is range-restricted.

 

菌類であるかウイルスで、内部寄生菌(細菌)は、可視症状を引き起こすことなく、しばしば植物にコロニーを作る。
より重要で、正常に有毒病原体に起因する疾患を予防することによって最も特に、彼らはさまざまな方法で寄生植物に有益である可能性がある。
先行研究はナス(Dvd-E6)からのV. dahliaeの分離株がendophyticallyにトマトにコロニーを作ることができることを示した。
そして、有毒V. dahliae(1(Vd1)が分離する人種)の予防を提供している間、より高いおよびよりたくましいトマト植物を生産した。
発現分析は、これがDvd-E6と抵抗と防御遺伝子を含む植物の間に相互作用を必要とすることを示唆する。
より幅広い効果の可能性を調べるために、二重相互作用は、よりかすかに関連した病原体(ヴァティシリウム属alboatrum(Vaa))で、更に調べられた。
結果はDvd-E6コロニー形成がVaaでなくVd1に有害な特異的トマト遺伝子の発現を選択的に修正することを示す。
そして、ヴァティシリウム属によって誘発された予防が範囲制限されるという証拠を提供する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x