PubMed日本語 - 声帯の動的なMRIは、位相配列コイルを使用する:事前調査。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Dynamic MRI of the vocal cords using phased-array coils: A feasibility study.

Published date

Dynamic MRI of the vocal cords using phased-array coils: A feasibility study.

声帯の動的なMRIは、位相配列コイルを使用する:事前調査。

Published date

Author

Marc Schlamann, Gotz Lehnerdt, Stefan Maderwald, Susanne Ladd

Affiliation

Department of Diagnostic and Interventional Radiology and Neuroradiology, University of Duisburg-Essen Medical School, Essen, Germany.

Abstract

Objective: Endoscopy for evaluation of hoarseness is an invasive procedure and the result depends, to a large extent, on the patient's cooperation. Successful laryngoscopy can also be hampered by unfavourable anatomic conditions, a severely impaired general condition, or severe coagulopathy. We evaluated the feasibility of doing ultra-fast magnetic resonance imaging (MRI), using a recent dedicated coil design and a sequence with inherently high signal-to-noise ratios (SNR), for the detection of motility disorders of the vocal cords. Materials and Methods: Twelve consecutive patients (eight males and four females) in the age range of 24-80 years (mean age 60 years) with persistent hoarseness and presumed vocal cord palsy were included in this blinded prospective study. Two two-element phased-array carotid coils were used for signal reception. The first coronal real-time steady-state free precession (SSFP) sequence was performed during silence (i.e., with no vocal cord motion) and the second while phonating 'heee.' Qualitative MRI findings were compared with the results of the endoscopic examination. Results: The examination time for setup, patient instruction and positioning, localization scans, and real-time SSFP scans was less than 10 min. Seven patients with laryngoscopically-confirmed unilateral palsy of the vocal cord were correctly identified with MRI. The five remaining patients had hoarseness due to causes other than vocal cord palsy; they showed normal motion of the vocal cords on MRI and endoscopy. Conclusion: Compared to preceding studies, the image quality in this study is supported by excellent SNR (carotid phased-array coils and SSFP sequence with higher SNR if compared to a spoiled gradient-echo sequence or an EPI sequence). Further studies, with larger groups of patients, are necessary to show if this protocol can serve as an alternative to endoscopy in selected cases.

 

目的嗄声の評価のための内視鏡検査は侵襲的技法である、そして、結果は、大部分は、患者の協力に依存する。
成功した喉頭鏡検査は、不利な解剖学的な条件、高度に障害のある一般状態または重篤な凝血異常によって妨げられることもできる。
声帯の運動性障害の発見のために、我々は、本質的に高い信号対雑音比(SNR)で最近の専用のコイル設計と順序を使用して超高速の磁気共鳴映像法(MRI)をすることの実現可能性を評価した。
材料と方法:持続性の嗄声と推定された声帯麻痺による24-80年(60歳を意味する)の年齢の範囲の12人の連続した患者(8人の男性と4人の女性)は、この盲検化前向き研究に含まれた。
2 2要素位相配列頸動脈コイルが、信号受付のために使われた。
発音『heee.』Qualitative MRI所見が内視鏡検査の結果と比較される間、第1の冠状リアルタイム不変の遊離前進(SSFP)配列は沈黙(すなわち、声帯運動なしで)と第2の間、実行された。
結果10分のSeven声帯の喉頭鏡検査で確認された片側性麻痺患者がMRIで正しく識別されたより、準備、忍耐強い指導と位置決め、局在スキャンとリアルタイムSSFPスキャンのための検査時間は、少なかった。
5例の残りの患者は、声帯麻痺以外の原因のため、嗄声を有した;彼らは、MRIと内視鏡検査に関して声帯の正常な運動を示した。
結論前の研究と比較して、本研究の画質は、優れたSNR(損なわれたグラディエントエコー法順序またはEPI順序と比較してある場合より高いSNRによる頸動脈位相配列コイルとSSFP順序)で支えられる。
更なる研究は、より大きな患者群とともに、このプロトコルが選択された症例で内視鏡検査に代わるものとしてサーブすることができるかどうか示すのに必要である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x