医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Efficacy of memantine in PDD and DLB: an extension study including washout and open-label treatment.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Efficacy of memantine in PDD and DLB: an extension study including washout and open-label treatment.

PDDとDLBのメマンチンの効能:休薬期間と非盲検治療を含む拡大試験。

Published date

Author

C Johansson, C Ballard, O Hansson, S Palmqvist, L Minthon, D Aarsland, E Londos

Affiliation

Department of Clinical Sciences, Clinical Memory Research Unit, Lund University, Malmö, Sweden.

Abstract

OBJECTIVE: This 30-week extension trial was a continuation of the first double-blind randomized controlled trial (RCT) to study memantine in dementia with Lewy bodies (DLB) and Parkinson's disease dementia (PDD). The objective was to evaluate the presence of recurrence of symptoms upon drug withdrawal. Furthermore, the aim was to explore washout dynamics in order to inform clinical practice.

 

METHODS: Patients were enrolled from psychiatric, memory and neurological outpatient clinics in Norway, Sweden and the UK. The trial comprised a 4-week washout period and a 26-week open-label treatment period. Outcome measures were presence of recurrence of symptom upon drug withdrawal, Clinical Global Impression of Change (CGIC) and modified motor Unified Parkinson's Disease Rating Scale (UPDRS).

 

RESULTS: recurrence of symptoms occurred more frequently (p=0.04) in patients receiving memantine (58%) than in patients receiving placebo (25%). There was a significant global deterioration (p=0.0003) during washout within the memantine group as measured by CGIC. The patients seemed to recover during the open-label treatment, however these findings were non-significant.

 

CONCLUSIONS: The findings inform clinical practice that any possible memantine-associated benefits might be rapidly lost after drug withdrawal. The magnitude of deterioration suggests a symptomatic rather than a disease-modifying effect of the drug. Open-label results should merely be considered inspiration for future trials.

 

目的この30週間の牽引試験は、レヴィー小体型認知症(DLB)とパーキンソン病痴呆(PDD)でメマンチンを調査する初の二重盲式無作為比較試験(RCT)の継続であった。
目的は、薬物の中止に応じて症状の再発の存在を評価することであった。
さらにまた、目的は、臨床診療に知らせるために、休薬期間力学を調査することになっていた。
方法患者は精神医学的なものから登録されて、記憶で、ノルウェーの神経学的な外来診療所、スウェーデンと英国であった。
試験は、4週間のウオッシュアウト期間と26週間の非盲検治療期間から成った。
転帰尺度は、薬物離脱、Clinical Global Impression of Change(CGIC)と修飾された運動統一パーキンソン病評価尺度(UPDRS)の症状の再発の存在であった。
結果患者でプラセボ(25%)を受けるより、症状の再発はよりしばしばメマンチン(58%)の投与を受けた患者に起こった(p=0.04)。
CGICで測定されるように、有意の世界的な悪化(p=0.0003)がメマンチン群内で休薬期間の間にあった。
患者が非盲検治療の間、回復するためにようにされて、しかしながら、これらの所見は有意でなかった。
結論:所見は、考えられるあらゆるメマンチン関連の有益性が薬物離脱の後急速に失われるかもしれないことを臨床診療に知らせる。
悪化の大きさは、むしろ本剤の疾患修飾性作用より症候性のものを示唆する。
非盲検結果は、単に将来の試験のための吸気と考えられなければならないだけである。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x