医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

The effect of memantine on sleep behaviour in dementia with Lewy bodies and Parkinson's disease dementia.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

The effect of memantine on sleep behaviour in dementia with Lewy bodies and Parkinson's disease dementia.

レヴィー小体型認知症とパーキンソン病痴呆の睡眠行動に関するメマンチンの作用。

Published date

Author

Victoria Larsson, Dag Aarsland, Clive Ballard, Lennart Minthon, Elisabet Londos

Affiliation

Clinical Memory Research Unit, Department of Clinical Sciences, Malmö, Lund University, Sweden. v.larsson@ucl.ac.uk

Abstract

OBJECTIVE: Two common and characteristic sleep disturbances have been described in dementia with Lewy bodies (DLB) and Parkinson's disease dementia (PDD); excessive daytime sleepiness and REM sleep behaviour disorder (RBD). This study is an analysis of a secondary outcome measure of a larger study already reported, aimed to determine whether memantine has an effect on the sleep disturbances in DLB and PDD patients.

 

METHODS: Patients with DLB or PDD were included in a placebo-controlled, randomised controlled study of memantine (20 mg per day) for 24 weeks. The Stavanger Sleep Questionnaire and the Epworth Sleepiness Scale were used to evaluate the effect on sleep disturbances.

 

RESULTS: Forty two patients started treatment; 20 with memantine and 22 with placebo. The primary analysis was the comparison of change between the two groups during a 24-week period, using the modified ITT population (last observation carried forward). At 24 weeks, patients treated with memantine were less physically active during sleep while patients in the placebo group worsened. Mean difference between the groups (0.5 [0.05-0.90]) was significant (p = 0.006). No significant change was observed in severity of excessive daytime sleepiness.

 

CONCLUSIONS: Memantine decreases probable REM sleep behaviour disorder in patients with DLB and PDD. Both diagnostic groups contributed equally to the outcome.

 

目的2つの一般および特徴的睡眠障害は、レヴィー小体型認知症(DLB)とパーキンソン病痴呆(PDD)で述べられた;日中の過剰な眠気とレム睡眠行動異常症(RBD)。
本研究は、すでに報告されて、メマンチンがDLBとPDD患者で睡眠障害に影響を及ぼすかどうか決定するために向けられるより大規模な検査の第2の転帰尺度の分析である。
方法DLBまたはPDDを有する患者は、24週の間メマンチン(20mg/日)のプラセボ対照、無作為抽出研究に含まれた。
スタバンゲルSleep QuestionnaireとEpworth Sleepiness Scaleは、睡眠障害に対する効果を評価するのに用いられた。
結果42例の患者は、治療を始めた;メマンチンによる20とプラセボによる22。
第一義的分析は、変更されたITT集団(進められる最後の観察)を使用して24週間の期間の間に2群間の変化の比較であった。
24週に、プラセボ群患者が悪化する間、メマンチンで治療される患者は睡眠の間、より物理的に活発でなかった。
群間の(0.5[0.05-0.90])平均差は、有意だった(p = 0.006)。
有意な変化は、日中の過剰な眠気の重症度で観察されなかった。
結論:メマンチンは、DLBとPDDを有する患者で、見込みがあるレム睡眠行動異常症を減少させる。
両方の診断群は、等しく結果の原因となった。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x