医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Alcohol-related seizures.

Published date

Alcohol-related seizures.

アルコール関連の発作。

Published date

Author

David McMicken, Jonathan L Liss

Affiliation

Department of Emergency Services, The Medical Center, Columbus, GA, USA. David.McMicken@crhs.net

Abstract

The term alcohol-related seizures (ARS) is used to refer to all seizures in the aggregate associated with alcohol use, including the subset of alcohol withdrawal seizures (AWS). From 20% to 40% of patients with seizure who present to an emergency department have seizures related to alcohol abuse. However, it is critical to avoid prematurely labeling a seizure as being caused by alcohol withdrawal before performing a careful diagnostic evaluation. Benzodiazepines alone are sufficient to prevent AWS. The alcoholic patient with a documented history of ARS, who experiences a single seizure or a short burst of seizures should be treated with lorazepam, 2 mg intravenously.

 

アルコール関連の発作(ARS)という用語は、全体で、アルコール摂取(アルコール離脱発作(AWS)のサブセットを含む)にかかわってすべての発作を指すのに用いられる。
救急治療部に現れる発作患者の20%から40%まで、アルコール乱用に関連した発作に襲われる。
しかしながら、早期に発作を慎重な診断評価を行う前にアルコール離脱に起因するとすることを回避することは、決定的である。
ベンゾジアゼピン単独は、AWSを予防するのに十分である。
2mg静注で、ARS(発作の単一発作または短い群発がそうでなければならない経験がロラゼパムで治療した者は誰でも)の記録された既往歴を有するアルコール中毒の患者。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x