医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Anatomic posterior cruciate ligament reconstruction with allograft.

Published date

Anatomic posterior cruciate ligament reconstruction with allograft.

異系移植片による解剖学的な後十字靭帯再建。

Published date

Journal

J Knee Surg. 2010; 23; 81-7;

Author

James P Stannard

Affiliation

Department of Orthopaedic Surgery, University of Missouri Hospital, Columbia, Missouri 65201, USA. stannardj@health.missouri.edu

Abstract

This article describes the anatomic posterior cruciate ligament reconstruction technique. This technique combines the double bundle technique with the tibial inlay technique in a single reconstruction using an Achilles' tendon allograft. Key technique points are described including patient positioning, graft preparation, surgical approach, and graft fixation. Immediate postoperative care and results from the author's practice are also discussed.

 

本論文は、解剖学的な後十字靭帯再建テクニックを述べる。
この技術は、アキレス腱異系移植片を使用している一回の再建で、二重束テクニックを脛骨はめ込み細工テクニックと結合する。
キー・テクニック点は、患者整位、移植片標本、外科アプローチと移植片固定を含んで述べられる。
著者の診療からの即時の術後処置と結果も、検討される。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x