医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Reprinted article "Endovascular repair with bifurcated stent-grafts under local anaesthesia to improve outcome of ruptured aortoiliac aneurysms".

再版された論文"Endovascularは、破裂大動脈回腸動脈動脈瘤"の結果を改善するために、局所麻酔をうけて二またに分けられたステント-移植片で修復する。

Published date

Author

M L Lachat, Th Pfammatter, H J Witzke, D Bettex, A Künzli, U Wolfensberger, M I Turina

Affiliation

Clinic for Cardiovascular Surgery, Zurich University Hospital, Switzerland.

Abstract

INTRODUCTION: Acute haemodynamic changes and/or loss of abdominal muscle tone can occur during induction of general anaesthesia and may be the Achilles' tendon in endovascular aneurysm repair (EVAR) of ruptured aortoiliac aneurysms (rAIA). The purpose of this study was to evaluate the use of local anaesthesia (LA) for EVAR to overcome these limitations.

 

METHODS: Twenty-one consecutive patients with rAIA are included in this study. Twenty patients underwent EVAR under LA, and 1 patient was treated under general anaesthesia. Haemodynamics were stabilised during assessment of EVAR feasibility by CT-scan and during the procedure itself by controlled hypotension (MAP 50-60 mmHg) and moderate fluid resuscitation.

 

RESULTS: Median procedure time was 120 min. Haemodynamics remained stable in all but 3 patients who required transfemoral balloon occlusion of the supra-renal aorta. Perioperative intubation was necessary in 5 patients because of respiratory distress (n = 3), or retroperitoneal access (n = 2). Temporary deterioration of renal function occurred in 6 patients, with 2 requiring hemofiltration. CT-scan confirmed sealing of the rAIA in all patients at discharge. 30-day mortality was 9.5% (2 deaths). In the median follow-up of 19 months, there were no deaths, but 3 endovascular re-interventions, 1 crossover femoro-femoral bypass, and 1 open surgical graft repair.

 

DISCUSSION: Our series is the first to show that EVAR for rAIA can be safely performed under LA. This approach allows implantation of commercially available bifurcated SG and improves patient outcome.

 

序論腹部筋緊張の深刻な血行力学変化および/または低下は、全身麻酔の誘導の間、起こることがありえて、破裂大動脈回腸動脈動脈瘤(rAIA)の血管内動脈瘤修復(EVAR)のアキレス腱である場合がある。
本研究の目的は、これらの限界を克服するためにEVARのために局所麻酔法(LA)の使用を評価することであった。
方法rAIAをもつ21人の連続した患者は、本研究に含まれる。
20例の患者はLAの下でEVARを受けた、そして、1例の患者は全身麻酔をうけて治療された。
血行動態は、CTスキャンによるEVAR実現可能性の評価の間、そして、人為的低血圧(MAP 50-60mmHg)と適度な流体蘇生術によって処置そのものの間、安定した。
結果処置時の中央値は、120分のHaemodynamicsが副腎大動脈の経大腿動脈的バルーン閉塞を必要とした3例の患者以外はで安定なままだったということであった。
術中挿管は、呼吸窮迫(n = 3)または腹膜後アクセス(n = 2)のため、5例の患者で必要だった。
2つの要求している血液ろ過で、腎機能の一時的な悪化は、6例の患者に起こった。
CTスキャンは、退院ですべての患者でrAIAの封着を確認した。
30日の死亡率は、9.5%(2つの死亡)であった。
19ヵ月の追跡期間中央値には、死亡がなかった、しかし、3つの血管内の再介入、1件の交差大腿静動脈バイパスと1つの開腹移植片は修復する。
討論我々のシリーズは、rAIAのためのEVARがLAの下で問題なく行われることができることを示す第1である。
このアプローチは市販の二またに分けられたSGの埋め込みを許して、患者結果を改善する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x