医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Relationships between physical activity and musculoskeletal disorders in former athletes.

Published date

Relationships between physical activity and musculoskeletal disorders in former athletes.

元運動選手における身体活動と筋骨格障害の関係。

Published date

Journal

Coll Antropol. 2010; 34; 1335-40;

Author

Kaja Haljaste, Eve Unt

Affiliation

University of Tartu, Institute of Sport Pedagogy and Coaching Science, Tartu, Estonia.

Abstract

The purpose of the study was to determine the prevalence and risks for musculoskeletal disorders (MSD) in relation to previous athletic status and current physical activity level in former athletes. Main anthropometric data, sports history, current physical activity and MSD were estimated using a questionnaire in 219 (148 males, 71 females) former athletes (35-75 years old) and 79 controls (33 males, 46 females). According to the previous participation in top-level sports, former athletes were divided into three groups: (a) endurance, n=120 (76 males, 44 females); (b) speed-power, n=57 (43 males, 14 females); (c) team sports, n=42 (29 males, 13 females). The most prevalent MSD among the male and female ex-athletes were back and knee pain. The endurance ex-athletes group (both males and females) had significantly higher risk for the knee problems than the control group (Odds ratio--OR 5.9, 95% CI 1.7-20.00, p < 0.05). Team sports athletes (males and females) showed significantly higher risk for Achilles' tendon injuries (OR 3.19 95% CI 1.19-8.5, p < 0.05) as compared to controls. Back pain did not show any significant associations with previous physical activity and current physical activity level. Current physical activity was significantly associated with a lower risk for the knee and hip pain. Body mass index was positively associated with knee problems. In conclusion, our study results revealed that previous participation in enduranve sports events is associated with a significantly higher risk for knee problems. At the same time current regular physical exercise 6-11 times per month is associated with a lower prevalence of knee and hip problems as compared to those who exercised less than 6 times per month.

 

本研究の目的は、元運動選手で以前のスポーツマンタイプの地位と現在の身体活動レベルに関して筋骨格障害(MSD)のために有病率とリスクを測定することであった。
主要な人体計測的なデータ、スポーツ履歴、現在の身体活動とMSDは、219人の(148人の男性、71人の女性)元運動選手(35-75歳)と79人の対照(33人の男性、46人の女性)でアンケートを使用して推定された。
トップレベルのスポーツへの以前の参加によれば、元運動選手は、3つの群に分けられた: (a) 耐久性、n=120(76人の男性、44人の女性); (b) 速度-力、n=57(43人の男性、14人の女性); (c) チームスポーツ、n=42(29人の男性、13人の女性)。
男性および女性の元運動選手の間で最も一般的なMSDは、戻って、痛みにひじ材を当てる。
耐久性元運動選手群(男性と女性)には、膝の問題のために、対照群(オッズ比 ― OR 5.9、95%CI 1.7-20.00、p < 0.05)より有意に高いリスクがあった。
団体競技運動選手(男性と女性)は、対照と比較するとアキレスの腱損傷(OR 3.19 95%のCI 1.19-8.5、p < 0.05)のために、有意により高いリスクを示した。
背痛は、以前の身体活動と現在の身体活動レベルとの少しの有意な関連も示さなかった。
現在の身体活動は、膝と股関節痛のために低いリスクと有意に関係していた。
体格指数は、膝の問題と明らかに関係していた。
結論として、我々の研究結果は、enduranveスポーツ大会への以前の参加が膝の問題のために有意により高いリスクと関係していることを明らかにした。
同時に、現在の定期的な運動は、1ヵ月につき6回未満を訓練した人々と比較すると、膝と股関節の問題の低い有病率と1ヵ月につき6-11回関係している。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x