医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Extensor mechanism reconstruction: a novel technique for bone patella allograft post partial patellectomy failure.

Published date

Extensor mechanism reconstruction: a novel technique for bone patella allograft post partial patellectomy failure.

伸筋側メカニズム再建:骨膝蓋骨異系移植片の新しい技術は、部分的な膝蓋骨切除失敗を記録する。

Published date

Journal

J Knee Surg. 2011; 24; 129-35;

Author

Michael Drexler, Nehemia Blumberg, Amir Haim, Ron Arbel, Guy Morag

Affiliation

Orthopedics division, Sourasky Medical Center, Tel Aviv, Israel.

Abstract

Extensor mechanism disruption, whether due to patella fracture or tendon rupture, generally occurs after low-energy trauma and frequently involves an indirect mechanism. When the fracture is comminuted and reconstruction is impossible, a partial or total patellectomy may be indicated. Although some authors advocate total patellectomy, partial patellectomy remains the standard treatment, especially for young and active patients. In the rare instance of a failed tendon repair after partial or total patellectomy, inadequate tissue is usually available for adequate restoration of the extensor mechanism. Extensor mechanism allograft, using the tibial tuberosity, patellar tendon, patella, and quadriceps tendon in continuity or the Achilles' tendon with calcaneal bone-block in continuity has been reported for extensor mechanism repair after total knee arthroplasty in patients who did not undergo patellectomy. We present a novel technique, using the bone patellar tendon bone allograft to reconstruct a posttraumatic defect of the extensor mechanism in a 28-year-old, active patient with a failed partial patellectomy following fracture of his patella. Union of the allograft was seen on x-ray after 4 months. After 6 months, the patient reached full range of motion and returned to his previous sporting activities.

 

膝蓋骨骨折または腱断裂によりあるかどうかにかかわらず、伸筋側メカニズム破裂は通常、低エネルギー外傷の後起こって、しばしば間接的な機序を含む。
骨折が粉砕される、そして、再建が不可能であるとき、部分的であるか完全膝蓋骨切除は必要である可能性がある。
一部の著者が完全膝蓋骨切除を主唱するにもかかわらず、特に若いおよび活発な患者では、部分的な膝蓋骨切除は標準治療のままである。
部分的であるか完全膝蓋骨切除の後の失敗した腱修復のまれな例において、不十分な組織は、通常伸筋側メカニズムの十分な復旧に利用できる。
連続または連続の踵骨骨ブロックによるアキレス腱の脛骨粗面、膝蓋腱、膝蓋骨と四頭筋腱を使用して伸筋側メカニズム異系移植片は、膝蓋骨切除を受けなかった患者で、完全膝関節形成の後伸筋側メカニズム修復のために報告された。
我々は、彼の膝蓋骨骨折の後、失敗した部分的な膝蓋骨切除を有する28歳の、活発な患者で伸筋側メカニズムの外傷後欠陥を再建するために、骨膝蓋腱の骨異系移植片を使用して、新しい技術を提示する。
異系移植片の結合は、4ヵ月後にX線の上で見られた。
6ヵ月後に、患者は完全な可動域に到達して、彼の以前のスポーツの活動に戻った。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x