医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Estimated acute effects of ambient ozone and nitrogen dioxide on mortality in the Pearl River Delta of southern China.

周囲オゾンの推定された急性作用と中国南部の珠江デルタの死亡率の二酸化窒素。

Published date

2011-12-08

Author

Yebin Tao, Wei Huang, Xiaoliang Huang, Liuju Zhong, Shou-En Lu, Yi Li, Lingzhen Dai, Yuanhang Zhang, Tong Zhu

Affiliation

SKJ Laboratory of Environmental Simulation and Pollution Control, College of Environmental Sciences and Engineering, and Centre for Environment and Health, Peking University, Beijing, China.

Abstract

BACKGROUND AND OBJECTIVES: Epidemiologic studies have attributed adverse health effects to air pollution; however, controversy remains regarding the relationship between ambient oxidants [ozone (O₃) and nitrogen dioxide (NO₂)] and mortality, especially in Asia. We conducted a four-city time-series study to investigate acute effects of O₃ and NO₂ in the Pearl River Delta (PRD) of southern China, using data from 2006 through 2008.

 

METHODS: We used generalized linear models with Poisson regression incorporating natural spline functions to analyze acute mortality in association with O₃ and NO₂, with PM₁₀ (particulate matter ≤ 10 μm in diameter) included as a major confounder. Effect estimates were determined for individual cities and for the four cities as a whole. We stratified the analysis according to high- and low- exposure periods for O₃.

 

RESULTS: We found consistent positive associations between ambient oxidants and daily mortality across the PRD cities. Overall, 10-μg/m³ increases in average O₃ and NO₂ concentrations over the previous 2 days were associated with 0.81% [95% confidence interval (CI): 0.63%, 1.00%] and 1.95% (95% CI: 1.62%, 2.29%) increases in total mortality, respectively, with stronger estimated effects for cardiovascular and respiratory mortality. After adjusting for PM₁₀, estimated effects of O₃ on total and cardiovascular mortality were stronger for exposure during high-exposure months (September through November), whereas respiratory mortality was associated with O₃ exposure during nonpeak exposure months only.

 

CONCLUSIONS: Our findings suggest significant acute mortality effects of O₃ and NO₂ in the PRD and strengthen the rationale for further limiting the ambient pollution levels in the area.

 

背景と目的:疫学研究は、逆健康結果を大気汚染に帰した;しかしながら、特にアジアで、論争は周囲オキシダント[オゾン(O₃)と二酸化窒素(NO₂)]の関係と死亡率に関して残る。
我々は、2006年から2008までデータを使用して中国南部の珠江デルタ(PRD)でO₃とNO₂の急性作用を調査するために、4-都市時系列検査を運営した。
方法主要困惑させる人として含まれるPM₁₀(直径≤10μmの粒子状物質)で、我々は、O₃とNO₂に関連して鋭い死亡率を分析するために自然のスプライン機能を組み込んでいるポアソン回帰で、全般的な線形モデルを使用した。
効果推定値は、全体として、個々の都市のために、そして、4つの都市のために測定された。
我々は、O₃のために高度なおよび低い暴露期間によって、分析を層化した。
結果我々は、PRD都市の全域で周囲オキシダントと1日の死亡率の間の一貫した正の関係を見つけた。
全体として、以前の2日にわたる平均O₃とNO₂濃度の10-μg/m³増加は0.81%[95%信頼区間(CI):0.63%、1.00%]と関係していた、そして、心血管および呼吸死亡率のためのより強い推定された効果で、1.95%(95%CI:1.62%(2.29%))はそれぞれ総死亡率増加する。
PM₁₀のために調整された後に、O₃の総および心血管死亡率に対する推定された影響は高度な暴露月(11月を通しての9月)の間に暴露のためにより強かったが、呼吸死亡率はピークでない暴露月の間にだけO₃暴露と関係していた。
結論:我々の所見はPRDでO₃とNO₂の有意の鋭い死亡率効果を暗示して、領域で周囲汚染レベルを更に制限するために、正当性を強化する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x