医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Risk of nonaccidental and cardiovascular mortality in relation to long-term exposure to low concentrations of fine particulate matter: a Canadian national-level cohort study.

純粋な粒子状物質の低濃度への長期の露出に関する非偶然および心血管死亡率のリスク:カナダの国家レベル・コホート研究。

Published date

2012-02-07

Author

Dan L Crouse, Paul A Peters, Aaron van Donkelaar, Mark S Goldberg, Paul J Villeneuve, Orly Brion, Saeeda Khan, Dominic Odwa Atari, Michael Jerrett, C Arden Pope, Michael Brauer, Jeffrey R Brook, Randall V Martin, David Stieb, Richard T Burnett

Affiliation

Environmental Health Science and Research Bureau, Health Canada, Ottawa, Ontario, Canada. daniel.crouse@hc-sc.gc.ca

Abstract

BACKGROUND: Few cohort studies have evaluated the risk of mortality associated with long-term exposure to fine particulate matter [≤ 2.5 μm in aerodynamic diameter (PM(2.5))]. This is the first national-level cohort study to investigate these risks in Canada.

 

OBJECTIVE: We investigated the association between long-term exposure to ambient PM(2.5) and cardiovascular mortality in nonimmigrant Canadian adults.

 

METHODS: We assigned estimates of exposure to ambient PM(2.5) derived from satellite observations to a cohort of 2.1 million Canadian adults who in 1991 were among the 20% of the population mandated to provide detailed census data. We identified deaths occurring between 1991 and 2001 through record linkage. We calculated hazard ratios (HRs) and 95% confidence intervals (CIs) adjusted for available individual-level and contextual covariates using both standard Cox proportional survival models and nested, spatial random-effects survival models.

 

RESULTS: Using standard Cox models, we calculated HRs of 1.15 (95% CI: 1.13, 1.16) from nonaccidental causes and 1.31 (95% CI: 1.27, 1.35) from ischemic heart disease for each 10-μg/m(3) increase in concentrations of PM(2.5). Using spatial random-effects models controlling for the same variables, we calculated HRs of 1.10 (95% CI: 1.05, 1.15) and 1.30 (95% CI: 1.18, 1.43), respectively. We found similar associations between nonaccidental mortality and PM2.5 based on satellite-derived estimates and ground-based measurements in a subanalysis of subjects in 11 cities.

 

CONCLUSIONS: In this large national cohort of nonimmigrant Canadians, mortality was associated with long-term exposure to PM(2.5). Associations were observed with exposures to PM(2.5) at concentrations that were predominantly lower (mean, 8.7 μg/m(3); interquartile range, 6.2 μg/m(3)) than those reported previously.

 

背景ほとんどコホート研究は、純粋な粒子状物質[空気力学的な直径(PM(2.5))の≤2.5μm]への長期の暴露と関連した死亡率のリスクを評価しなかった。
これは、カナダでこれらのリスクを調査する第1の国家レベル・コホート研究である。
目的我々は、在留外人カナダの成人で周囲PM(2.5)への長期の暴露と心血管死亡率の間の関係を調査した。
方法我々は、暴露の推定値を衛星観察に1991年の詳細な国勢調査データを提供するよう命じられる集団の20%の一つだった210万人のカナダの成人のコホートまで由来する周囲PM(2.5)に割り当てた。
我々は、レコードリンケージによって1991~2001年に起こっている死亡を確認した。
我々は危険率(HR)を算出した、そして、95%信頼区間(CI)は利用できる個体レベルと標準コックス比例生存モデルと入れ子になった、空間ランダムな効果生存モデルを使用している前後関係の共変量のために調整された。
結果標準コックス・モデルを用いて、我々は1.15のHRを算出した(95%CI:1.13、1.16)非偶然の原因と1.31から(95%CI:1.27、1.35)、10μg/m(3)につき虚血性心疾患から、PM(2.5)の濃度が増加する。
同じ変数のための空間ランダムな効果モデル制御を使用して、我々は1.10のHRを算出した(95%CI:1.05、1.15)、そして、1.30(95%CI:1.18、1.43)、それぞれ。
我々は、非偶然の死亡率とPM2.5の間の類似の関係が11の都市で被験者の下位分析で衛星から派生した推定値と地上測定に基づくのを発見した。
結論:在留外人カナダ人のこの大きな全国コホートにおいて、死亡率はPM(2.5)への長期の暴露と関係していた。
関連は、主により低かった濃度で、PM(2.5)に暴露量で観察された(平均、8.7μg/m(3);四分位数間領域、6.2μg/m(3))前に報告されるそれらより。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x