医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Main air pollutants and myocardial infarction: a systematic review and meta-analysis.

Published date

Main air pollutants and myocardial infarction: a systematic review and meta-analysis.

主な大気汚染物質と心筋梗塞:系統的レビューと展望研究。

Published date

Author

Hazrije Mustafic, Patricia Jabre, Christophe Caussin, Mohammad H Murad, Sylvie Escolano, Muriel Tafflet, Marie-Cécile Périer, Eloi Marijon, Dewi Vernerey, Jean-Philippe Empana, Xavier Jouven

Affiliation

Paris Cardiovascular Research Center, University Paris Descartes, INSERM Unit 970, Paris, France. hazrije.mustafic@inserm.fr

Abstract

CONTEXT: Short-term exposure to high levels of air pollution may trigger myocardial infarction (MI), but this association remains unclear.

 

OBJECTIVE: To assess and quantify the association between short-term exposure to major air pollutants (ozone, carbon monoxide, nitrogen dioxide, sulfur dioxide, and particulate matter ≤10 μm [PM(10)] and ≤2.5 μm [PM(2.5)] in diameter) on MI risk.

 

DATA SOURCES: EMBASE, Ovid MEDLINE in-process and other nonindexed citations, and Ovid MEDLINE (between 1948 and November 28, 2011), and EBM Reviews-Cochrane Central Register of Controlled Trials and EBM Reviews-Cochrane Database of Systematic Reviews (between 2005 and November 28, 2011) were searched for a combination of keywords related to the type of exposure (air pollution, ozone, carbon monoxide, nitrogen dioxide, sulfur dioxide, PM(10), and PM(2.5)) and to the type of outcome (MI, heart attack, acute coronary syndrome).

 

STUDY SELECTION: Two independent reviewers selected studies of any study design and in any language, using original data and investigating the association between short-term exposure (for up to 7 days) to 1 or more air pollutants and subsequent MI risk. Selection was performed from abstracts and titles and pursued by reviewing the full text of potentially eligible studies.

 

DATA EXTRACTION: Descriptive and quantitative information was extracted from each selected study. Using a random effects model, relative risks (RRs) and 95% CIs were calculated for each increment of 10 μg/m(3) in pollutant concentration, with the exception of carbon monoxide, for which an increase of 1 mg/m(3) was considered.

 

DATA SYNTHESIS: After a detailed screening of 117 studies, 34 studies were identified. All the main air pollutants, with the exception of ozone, were significantly associated with an increase in MI risk (carbon monoxide: 1.048; 95% CI, 1.026-1.070; nitrogen dioxide: 1.011; 95% CI, 1.006-1.016; sulfur dioxide: 1.010; 95% CI, 1.003-1.017; PM(10): 1.006; 95% CI, 1.002-1.009; and PM(2.5): 1.025; 95% CI, 1.015-1.036). For ozone, the RR was 1.003 (95% CI, 0.997-1.010; P = .36). Subgroup analyses provided results comparable with those of the overall analyses. Population attributable fractions ranged between 0.6% and 4.5%, depending on the air pollutant.

 

CONCLUSION: All the main air pollutants, with the exception of ozone, were significantly associated with a near-term increase in MI risk.

 

脈絡:大気汚染の高レベルへの短期露出は心筋梗塞(MI)を誘発する可能性がある、しかし、この関連は不明なままである。
目的MIリスクに関して主要大気汚染物質(オゾン、一酸化炭素、二酸化窒素、二酸化硫黄と直径の粒子状物質≤10μm[PM(10)]と≤2.5μm[PM(2.5)])への短期暴露の間の関係を評価して、定量化すること。
データ・ソース:EMBASE、オービットMEDLINE製造過程の、そして、他は引用とオービットMEDLINE(1948と2011年11月28日の間に)に非インデックスを付けた、そして、Controlled TrialsのEBM Reviews-コクラン本部RegisterとSystematic Reviews(2005と2011年11月28日の間に)のEBM Reviews-コクランDatabaseは暴露(大気汚染、オゾン、一酸化炭素、二酸化窒素、二酸化硫黄、PM(10)とPM(2.5))の型に関連したキーワードの組合せのために、そして、結果(MI、心発作、急性冠症候群)の型に検索された。
研究選択:2人の独立評価者はどんな研究デザインのでも、そして、どんな言語のでも研究を選択した。
そして、最初のデータを使用して、1つ以上の大気汚染物質への短期暴露(最高7日の間)と以降のMIリスクの間の関係を調査した。
選択は要約と表題から行われて、潜在的に資格のある研究の全文をチェックすることによって続行された。
データ抽出:図形および定量的情報は、各選択された検査から得られた。
ランダムな効果モデルを使用して、一酸化炭素を除いて、相対リスク(RRs)と95%CIは汚染物質濃度で10μg/m(3)の各増加に適していた。
そのために、1mg/m(3)の増加は考慮された。
データ合成:117の研究の詳細なスクリーニングの後、34の研究は同定された。
すべての主な大気汚染物質は、オゾンを除いて、MIリスクの増加と有意に関係していた(一酸化炭素:1.048;95%CI、1.026-1.070;二酸化窒素:1.011;95%CI、1.006-1.016;二酸化硫黄:1.010;95%CI、1.003-1.017;Pm(10):1.006;95%CI、1.002-1.009;そして、PM(2.5):1.025;95%CI、1.015-1.036)。
オゾンのために、RRは1.003であった(95%CI、0.997-1.010;P = .36)。
サブグループ分析は、全体の分析のそれらと同等の結果を提供した。
集団起因性断片は0.6%と4.5%の間で変動した。
そして、大気汚染物質に依存した。
結論すべての主な大気汚染物質は、オゾンを除いて、MIリスクの近視の増加と有意に関係していた。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x