PubMed日本語 - 限られた比較のおよび費用対効果データによる支払人意思決定:痛風の新しい薬理学的治療のケース。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Payer decision-making with limited comparative and cost effectiveness data: the case of new pharmacological treatments for gout.

限られた比較のおよび費用対効果データによる支払人意思決定:痛風の新しい薬理学的治療のケース。

Published date

2012-02-18

Author

Michele Meltzer, Laura T Pizzi, Eric Jutkowitz

Affiliation

Department of Rheumatology, Jefferson Medical College, Philadelphia, PA 19107, USA.

Abstract

CONTEXT: The need for comparative effectiveness (CE) data continues to grow, fuelled by market demand as well as health reform. There may be an assumption that new drugs result in improved efficacy compared with the standard of care, therefore warranting premium prices. Gout treatment has recently become controversial, as expensive new drugs enter the market with limited CE data.

 

METHODS: The authors reviewed published clinical trials and conducted a cost effectiveness analysis on a new drug (febuxostat) versus the standard (allopurinol) to illustrate the limitations in using these data to inform evidence-based decision-making.

 

FINDINGS: Although febuxostat trials included allopurinol as a comparator, methodological limitations make comparative effectiveness evaluations difficult. However, when available trial data were input to a decision analytic model, the authors found that a significant reduction in febuxostat cost would be required in order for it to dominate allopurinol in cost effectiveness analysis. This case exemplifies the challenges of using clinical trial data in comparative and cost effectiveness analyses.

 

脈絡:比較の効果(CE)データの必要は成長し続ける。
そして、市場需要ならびに健康改良によって加速する。
新薬が治療の標準と比較して改善された有効性に帰着するという仮定がある可能性がある。
そして、従って、割増価格を正当化する。
高価な新薬が限られたCEデータとともに市場に入るにつれて、痛風治療は最近論争の的になった。


方法著者は発表された臨床試験を見直して、根拠に基づく意思決定に知らせるためにこれらのデータを使用する際に限界を例示するために、新薬(フェブキソスタット)対標準上で(アロプリノール)コストイフェクティブネスアナリシスを行った。


所見:フェブキソスタット試験がコンパラトールとしてアロプリノールを含んだが、方法論的な限界は比較の効果評価を難しくする。
しかしながら、利用できる試験データが決定分析的モデルに入力されたとき、著者はフェブキソスタット・コストの有意の引き下げがそれがコストイフェクティブネスアナリシスでアロプリノールを支配するために必要とされるとわかった。
この症例は、比較のおよび費用対効果分析で臨床試験データを使用しようとする挑戦を例証する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x