PubMed日本語 - 異なる率と期間の装置で発見された心房性高い率発症の陽性適中率:ASSERTからの分析。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Positive predictive value of device-detected atrial high-rate episodes at different rates and durations: an analysis from ASSERT.

Published date 2012 Mar 20

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Positive predictive value of device-detected atrial high-rate episodes at different rates and durations: an analysis from ASSERT.

異なる率と期間の装置で発見された心房性高い率発症の陽性適中率:ASSERTからの分析。

Published date

2012-03-20

Author

Elizabeth S Kaufman, Carsten W Israel, Girish M Nair, Luciana Armaganijan, Syamkumar Divakaramenon, Georges H Mairesse, Axel Brandes, Eugene Crystal, Otto Costantini, Roopinder K Sandhu, Ratika Parkash, Stuart J Connolly, Stefan H Hohnloser, Jeff S Healey,

Affiliation

Heart and Vascular Research Center, MetroHealth Campus of Case Western Reserve University, Cleveland, Ohio 44109, USA. ekaufman@metrohealth.org

Abstract

BACKGROUND: Pacemakers can automatically identify and catalog atrial high-rate episodes (AHREs). While most AHREs represent true atrial tachyarrhythmia/atrial fibrillation (AT/AF), a review of stored electrograms suggests that a substantial proportion do not. As AHREs may lead to the initiation of oral anticoagulation, it is crucial to understand the relationship between AHREs and true AT/AF.

 

OBJECTIVE: To compare the positive predictive value of AHREs for electrogram-confirmed AT/AF for various atrial rates and episode durations.

 

METHODS: By using data from 2580 patients who participated in the ASymptomatic atrial fibrillation and Stroke Evaluation in pacemaker patients and the AF Reduction atrial pacing Trial, all AHREs >6 minutes and >190 beats/min with available electrograms were reviewed to determine whether they represented true AT/AF. The positive predictive value of these AHREs was assessed for episode durations of 6 minutes, 30 minutes, 6 hours, and 24 hours at atrial rates of 190 and 250 beats/min.

 

RESULTS: Of 5769 AHREs >6 minutes and >190 beats/min, 82.7% were true AT/AF and 17.3% were false positives (predominantly due to repetitive non-re-entrant ventriculoatrial synchrony). False positives dropped to 6.8%, 3.3%, and 1.8% when the threshold duration was increased to 30 minutes, 6 hours, and 24 hours, respectively. Increasing the threshold heart rate to 250 beats/min added little to the positive predictive value when longer threshold durations were used.

 

CONCLUSIONS: By using a cutoff of >6 minutes and >190 beats/min, the rate of false-positive AHREs is 17.3%, making physician review of electrograms essential. For AHREs lasting >6 hours, the rate of false positives is 3.3%, making physician review less crucial.

 

背景ペースメーカーは、心房性高い率発症(AHREs)を自動的に確認することができて、カタログ化することができる。
大部分のAHREsが真性の心房性頻拍性不整脈/心房細動(AT/AF)を意味する間、貯蔵された電気記録図の批評は相当な割合がそうしないことを示唆する。
AHREsが経口抗凝固療法の開始に至る可能性があるにつれて、AHREsと真性のAT/AFの関係を理解することは十字形である。


目的さまざまな心房率と発症期間の間電気記録図慢性AT/AFのためにAHREsの陽性適中率を比較すること。


方法ASymptomatic心房細動に参加して、ペースメーカー患者とAF減少心房ペーシング試験で評価を打つ2580例の患者からのデータを用いて、すべてのAHREs>6分と利用できる電気記録図による>190拍/分は、彼らが真性のAT/AFを代表したかどうか決定するためにチェックされた。
これらのAHREsの陽性適中率は、190と250拍/分の心房率で、6分、30分、6時間と24時間の発症長さの間評価された。


結果5769のAHREs>6分と>190拍/分の、82.7%は真性のAT/AFであった、そして、17.3%は偽陽性(主に反復性非興奮回帰性心室心房共時態のため)であった。
それぞれ、閾値期間が30分、6時間と24時間に増やされたとき、偽陽性は6.8%、3.3%と1.8%に落ちた。
より長い閾値期間が使われたとき、閾値心拍数を250拍/分に増やすことはほとんど何も陽性適中率に加えなかった。


結論:>6分と>190拍/分の中止を用いて、偽陽性AHREsの率は17.3%である。
そして、電気記録図の医師批評を欠かせなくする。
>6時間続くAHREsのために、偽陽性の率は3.3%である。
そして、医師レビューをより十字形にしない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x