医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Anogenital squamous cell carcinoma in neglected patient.

Published date

Anogenital squamous cell carcinoma in neglected patient.

無視された患者における肛門性器扁平上皮癌。

Published date

Journal

Bratisl Lek Listy. 2012; 113; 246-8;

Author

D Svecova, M Havrankova, E Weismanova, P Babal

Affiliation

Department of Dermatovenereology, Faculty of Medicine, Comenius University, Bratislava, Slovakia. danka.svecova@fmed.uniba.sk

Abstract

Skin squamous cell carcinomas (SCCs) are arguably the second most common carcinoma of the skin and are responsible for the majority of non-melanoma skin cancer deaths. Gynecologist treated a Caucasian 56-years old female patient for genital wart with podophyllotoxin cream. She did not achieve complete response and therefore she has interrupted the therapy and the collaboration with the gynecologist. At the time of evaluation the lesion had a size of man's palm in anogenital region and showed characteristic features of neoplasm. The regional lymph nodes have produced infiltrated painful bubo. PCR analysis for HPV proved negative. Histopathology revealed well-differentiated squamous cell keratinizing carcinoma from the tumor as well as from the regional lymph node packet. Staging computed tomography scans proved negative and pelvis scans disclosed regional lymphadenopathy underlying the tumor. Palliative radiation therapy (by linear accelerator) was administered for the oversized tumor to the total TD 50.0Gy. The patient died 6 months after diagnostic assessment from cardio-respiratory failure. Staging computed tomography before her death did not disclose distinct metastases in her inner organs. Well-differentiated squamous cell keratinizing carcinoma could be growing endophytically affecting the underlying adipose tissue and musculature, with spreading into the regional lymph nodes. The rate of metastases into inner organs seems to vary according to the aggressiveness and metastatic behavior of each SCC. The case report calls for attention to the importance of collaboration among various specialists assisting in the diagnosis and management of skin neoplasm (Fig. 5, Ref. 12). Full Text in PDF www.elis.sk.

 

皮膚扁平上皮癌(SCC)は、おそらく第2の最も頻度の高い皮膚癌で、大多数の非黒色腫皮膚癌死の原因となる。
婦人科医は、ポドフィロトキシン・クリームで生殖疣のために白色人種の56歳の女性患者を治療した。
彼女は完全な応答を成し遂げなかった、したがって、彼女は治療と婦人科医との協同を中断した。
評価時に、病変は肛門性器部で男性の手掌の大きさを持って、腫瘍の特徴的な所見を示した。
所属リンパ節は、浸潤する有痛性横痃を生じた。
HPVのためのPCR分析は、陰性であると判明した。
組織病理学は、所属リンパ節パケットからと同様に腫瘍から癌を角質化している高分化型鱗状細胞を露わにした。
病期分類コンピュータ断層撮影は陰性であると判明した、そして、骨盤のスキャンは腫瘍の基礎をなしている局所のリンパ節腫脹を開示した。
対症的放射線療法(線形加速器で)は、完全TD 50.0Gyに、特大の腫瘍のために行われた。
患者は、心肺不全から診断評価の6ヵ月後に死亡した。
彼女の死亡の前の病期分類コンピューター断層撮影は、彼女の内側臓器で異なった転移を開示しなかった。
所属リンパ節に広がることで、癌を角質化している高分化型鱗状細胞は、endophyticallyに下にある脂肪組織と筋系に影響を及ぼしている発育でありえた。
内側器官への転移の率は、積極性と各SCCの転移の反応によって変化するようである。
症例報告は、診断と皮膚腫瘍(図5、Ref. 12)の処置を支援しているさまざまな専門医の間で、協同の重要性に対する注意を必要とする。
PDF www.elis.skの完全なText。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x