PubMed日本語 - 機能不全のHDL:心血管疾患の新しい重要な診断および治療的な目標?―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Dysfunctional HDL: a novel important diagnostic and therapeutic target in cardiovascular disease?

Published date 2012 May 15

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Dysfunctional HDL: a novel important diagnostic and therapeutic target in cardiovascular disease?

機能不全のHDL:心血管疾患の新しい重要な診断および治療的な目標?

Published date

2012-05-15

Author

Aneta Otocka-Kmiecik, Dimitri P Mikhailidis, Stephen J Nicholls, Michael Davidson, Jacek Rysz, Maciej Banach

Affiliation

Department of Hypertension, Chair of Nephrology and Hypertension, Medical University of Lodz, Poland.

Abstract

High density lipoprotein (HDL) has many properties, which contribute to its atheroprotective role. However, some recent clinical trials have identified subjects with the progression of atherosclerosis despite normal levels of HDL cholesterol. This raises the question if all subfractions of HDL have the same properties. Moreover, recent investigations have shown that both acute and chronic inflammation may lead to structural and functional changes of HDL, which render the particles proinflammatory. Although therapeutic agents that increase HDL levels are now quite well established it is not clear whether they influence HDL quality. We review the current state of knowledge on the properties of HDL and factors/therapeutic agents which may restrain the transformation of normal HDL into dysfunctional HDL.

 

高密度リポ蛋白質(HDL)には多くの特性がある。
そして、それはそのアテローム保護役割に関与する。
しかしながら、いくらかの最近の臨床試験は、高密度リポ蛋白質コレステロールの正常レベルにもかかわらず、被験者をアテローム硬化の進行と同一視した。
HDLのすべての細画分には同じ特性がある場合、これは問題を起こす。
さらに、最近の調査は両方の急性および慢性炎症がHDLの構造および機能的な変更につながる可能性があることを示した。
そして、それは粒子を炎症誘発性にする。
HDLレベルを上昇させる治療薬が現在全く確立されているにもかかわらず、彼らがHDL質に影響するかどうかは明らかでない。
我々は、HDLの特性と機能不全のHDLに正常なHDLの転換を抑制する可能性がある因子/治療薬によって知識の現在の国を見直す。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x