医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Health effects research and regulation of diesel exhaust: an historical overview focused on lung cancer risk.

Published date 2012 Jun 4

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Health effects research and regulation of diesel exhaust: an historical overview focused on lung cancer risk.

健康は、研究とディーゼル排気の調節を生じる:歴史的な概要は、肺癌リスクに集中した。

Published date

2012-06-04

Author

Thomas W Hesterberg, Christopher M Long, William B Bunn, Charles A Lapin, Roger O McClellan, Peter A Valberg

Affiliation

Navistar Inc., Chicago, Illinois 60601, USA. Tom.Hesterberg@Navistar.com

Abstract

The mutagenicity of organic solvent extracts from diesel exhaust particulate (DEP), first noted more than 55 years ago, initiated an avalanche of diesel exhaust (DE) health effects research that now totals more than 6000 published studies. Despite an extensive body of results, scientific debate continues regarding the nature of the lung cancer risk posed by inhalation of occupational and environmental DE, with much of the debate focused on DEP. Decades of scientific scrutiny and increasingly stringent regulation have resulted in major advances in diesel engine technologies. The changed particulate matter (PM) emissions in "New Technology Diesel Exhaust (NTDE)" from today's modern low-emission, advanced-technology on-road heavy-duty diesel engines now resemble the PM emissions in contemporary gasoline engine exhaust (GEE) and compressed natural gas engine exhaust more than those in the "traditional diesel exhaust" (TDE) characteristic of older diesel engines. Even with the continued publication of epidemiologic analyses of TDE-exposed populations, this database remains characterized by findings of small increased lung cancer risks and inconsistent evidence of exposure-response trends, both within occupational cohorts and across occupational groups considered to have markedly different exposures (e.g. truckers versus railroad shopworkers versus underground miners). The recently published National Institute for Occupational Safety and Health (NIOSH)-National Cancer Institute (NCI) epidemiologic studies of miners provide some of the strongest findings to date regarding a DE-lung cancer association, but some inconsistent exposure-response findings and possible effects of bias and exposure misclassification raise questions regarding their interpretation. Laboratory animal studies are negative for lung tumors in all species, except for rats under lifetime TDE-exposure conditions with durations and concentrations that lead to "lung overload." The species specificity of the rat lung response to overload, and its occurrence with other particle types, is now well-understood. It is thus generally accepted that the rat bioassay for inhaled particles under conditions of lung overload is not predictive of human lung cancer hazard. Overall, despite an abundance of epidemiologic and experimental data, there remain questions as to whether TDE exposure causes increased lung cancers in humans. An abundance of emissions characterization data, as well as preliminary toxicological data, support NTDE as being toxicologically distinct from TDE. Currently, neither epidemiologic data nor animal bioassay data yet exist that directly bear on NTDE carcinogenic potential. A chronic bioassay of NTDE currently in progress will provide data on whether NTDE poses a carcinogenic hazard, but based on the significant reductions in PM mass emissions and the major changes in PM composition, it has been hypothesized that NTDE has a low carcinogenic potential. When the International Agency for Research on Cancer (IARC) reevaluates DE (along with GEE and nitroarenes) in June 2012, it will be the first authoritative body to assess DE carcinogenic health hazards since the emergence of NTDE and the accumulation of data differentiating NTDE from TDE.

 

ディーゼル排気微粒子(DEP)(55年以上前示される第1)からの有機溶剤抽出物の突然変異誘発性は、現在6000以上の発表された調査となるディーゼル排気(Department of Employment)健康効果研究の雪崩を開始した。
結果の広範囲な体にもかかわらず、DEPに集中する議論の多くで、科学的な議論は、職業および環境DEの吸入によって提起される肺癌リスクの性質に関して続く。
科学的な詳細な調査とますます厳しい規則の数十年は、ディーゼルエンジン技術の主要進歩に帰着した。
今日の最新の低公害、高度な技術道の上の特別丈夫なディーゼルエンジンからの「新しいTechnologyディーゼルExhaust(NTDE)」の変更粒子状物質(PM)排出は、現在以前のディーゼルエンジンに特有の「従来のディーゼル排気装置」(TDE)で、それら以上の現代のガソリン機関排気(GEE)と圧縮天然ガス・エンジン排気の点でPM放出に似ている。
TDEに露出された集団の疫学的分析の連続した公表でさえ、職業コホート内で、そして、著しく異なる暴露量(例えばトラック運転手対鉄道店員対地下鉱夫)を持つために考慮される職業グループ全体で、このデータベースは、少ない増加した肺癌リスクの調査結果と暴露反応傾向の矛盾している証拠によって特徴づけられるままである。
鉱夫の最近発表された国立職業保安・健康協会(NIOSH)-国立癌研究所(NCI)疫学研究はDE-肺癌関連に関して最も強い所見のいくらかを現在まで提供する、しかし、バイアスと暴露誤分類のいくらかの矛盾している暴露反応所見と潜在的影響はそれらの解釈に関して問題を提起する。
「肺オーバーロード」につながる期間と集中による生涯のTDE-暴露条件の下のラットを除いて、検査室動物試験は、すべての種で肺腫瘍が陰性である。
オーバーロードへのラット肺反応と他の粒子によるその出現の種差は、タイプして、現在十分理解される。
肺オーバーロードの条件の下の吸入された粒子のためのラット・バイオアッセイが人間の肺癌危険を予測しないことは、このように一般に認められている。
全体として、豊富な疫学的および実験データにもかかわらず、TDE暴露がヒトで増加した肺癌を引き起こすかどうかに関する質問が、残る。
豊富な放出特徴描写データ(予備毒物学的なデータと同様に)は、TDEとは毒物学的に別にしながら、NTDEを支持する。
現在では、NTDE発癌の可能性に直接関係するいずれの疫学的データも動物のバイオアッセイ・データも、まだ存在しない。
現在進行中のNTDEの慢性のバイオアッセイはNTDEが発癌の危険を有するかどうかに関するデータを提供する、しかし、PM塊排出の有意の減少とPM組成の大きな変化に基づいて、NTDEには低い発癌の可能性があると仮定された。
Cancer(IARC)の上のResearchのためのインターナショナルAgencyが2012年6月にDE(GEEとニトロアレーンに加えて)を再評価するとき、それはNTDEの出現以来DE発癌性健康に有害なものを評価する第1の権威のある体とNTDEをTDEと区別しているデータの蓄積である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x