医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

DPP4 inhibition improves functional outcome after renal ischemia-reperfusion injury.

DPP4抑制は、腎臓虚血-再灌流傷害の後機能的な結果を改善する。

Published date

2012-06-20

Author

Lorenzo L F Glorie, Anja Verhulst, Veerle Matheeussen, Lesley Baerts, Joanna Magielse, Nina Hermans, Patrick C D'Haese, Ingrid De Meester, Annelies De Beuf

Affiliation

Laboratory of Pathophysiology, University of Antwerp, Antwerp, Belgium.

Abstract

Dipeptidyl peptidase 4 (DPP4) is an exopeptidase which modulates the function of its substrates, among which are insulin-releasing incretins. DPP4 inhibitors are currently used to improve glucose tolerance in type 2 diabetes patients. Inhibition of DPP4 exhibits protective effects on ischemia-reperfusion injury (IRI) of the heart and lung. As DPP4 and its substrates are also expressed in the kidney, we studied the effect of the DPP4 inhibitor vildagliptin on the outcome of IRI-induced acute kidney injury in rats in a model of 30-min unilateral renal ischemia, followed by contralateral nephrectomy. Saline, 1, or 10 mg/kg vildagliptin (VG1/VG10) was administered intravenously 15 min before the surgery. Animals were euthanized after 2, 12, amd 48 h of reperfusion. DPP4 inhibition resulted in a significant dose-dependent decrease in serum creatinine (1.31 ± 0.32 and 0.70 ± 0.19 mg/dl for VG1 and VG10, respectively, vs. 1.91 ± 0.28 mg/dl for controls at 12 h; P < 0.01). Tubular morphology (PAS-PCNA) revealed significantly reduced tubular necrosis at 12 h (62.1 ± 18.0 and 77.5 ± 22.0% in VG10 and saline, respectively). VG did not affect regeneration but decreased apoptosis, as shown by twofold decreased Bax/Bcl-2 mRNA expression and a threefold decrease in apoptotic bodies on terminal deoxynucleotidyl transferase dUTP nick-end labeling-stained sections. VG treatment significantly reduced serum malondialdehyde twofold in both VG1- and VG10-treated ischemic and sham-operated animals compared with controls and also resulted in a significant decrease in mRNA expression of the proinflammatory marker CXCL10 at 2 h of reperfusion. Through a mechanism yet to be fully understood, VG treatment results in a functional protection of the kidney against IRI. This protection was associated with antiapoptotic, immunological, and antioxidative changes.

 

ジペプチジルペプチダーゼ4(DPP4)はその基質の機能を調整するエキソペプチダーゼである。
そして、それの間でインシュリンをリリースするincretinsである。
DPP4抑制薬は、現在2型糖尿病患者で耐糖能を改善するのに用いられる。
DPP4の抑制は、心肺の虚血-再灌流傷害(IRI)に関して、保護作用を示す。
DPP4とその基質が腎臓でも表されるにつれて、我々は30分の片側性腎乏血のモデルでラットでIRIによって誘発された急性腎臓損傷の結果に関してDPP4抑制薬ビルダグリプチンの作用を研究した。
そして、対側の腎切除が続いた。
食塩水、1または10mg/kgのビルダグリプチン(VG1/VG10)は、手術の15分前に静脈内投与された。
動物は、2、12(再灌流のamd 48時間)時以降安楽死した。
DPP4抑制は、血清クレアチニン(1.31±0.32と、それぞれ、VG1とVG10のための0.70±0.19mg/dl対12時間の対照のための1.91±0.28mg/dl; P < 0.01)で、有意の用量依存的減少に帰着した。
尿細管形態(PASPCNA)は、12時間(62.1±18.0と、それぞれ、VG10と食塩水の77.5±22.0%)に、有意に減少した尿細管壊死を明らかにした。
2倍の減少したバックス/Bcl-2 mRNA発現とムショ-末端標識で染色したdUTPが区分する末端デオキシヌクレオチド転移酵素のアポトーシスの体の3倍の減少で示すように、VGは再生に影響を及ぼさなくて、アポプトーシスを減少させた。
VG治療は、有意に対照と比較して両方のVG1とVG10治療をうけている虚血および見せかけの手術をした動物で2倍に血清マロンジアルデヒドを還元して、更に2時間の再灌流で炎症誘発性標識CXCL10のmRNA発現で、有意の減少に帰着した。
更に完全に理解される機序を通して、VG治療は、IRIに対して腎臓の機能的な予防に帰着する。
この予防は、抗アポトーシスの、免疫学的および抗酸化性変化と関係していた。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x