医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Obesity and reduction of the response rate to anti-tumor necrosis factor α in rheumatoid arthritis: An approach to a personalized medicine.

抗腫瘍壊死に対する反応率の肥満と減少は、αを関節リウマチの考慮に入れる:個別化医療へのアプローチ。

Published date

Author

Elisa Gremese, Antonio Carletto, Melissa Padovan, Fabiola Atzeni, Bernd Raffeiner, Anna Rita Giardina, Ennio Giulio Favalli, Gian Luca Erre, Roberto Gorla, Mauro Galeazzi, Rosario Foti, Fabrizio Cantini, Carlo Salvarani, Ignazio Olivieri, Giovanni Lapadula, Gianfranco Ferraccioli,

Affiliation

Catholic University of the Sacred Heart, Rome, Italy. elisa.gremese@rm.unicatt.it.

Abstract

OBJECTIVE: Obesity is a mild, long-lasting inflammatory disease and, as such, could increase the inflammatory burden of rheumatoid arthritis (RA). The study aim was to determine whether obesity represents a risk factor for a poor remission rate in RA patients requiring anti-tumor necrosis factor α (anti-TNFα) therapy for progressive and active disease despite treatment with methotrexate or other disease-modifying antirheumatic drugs. METHODS: Patients were identified from 15 outpatient clinics of university hospitals and hospitals in Italy taking part in the Gruppo Italiano di Studio sulle Early Arthritis network. Disease Activity Score in 28 joints (DAS28), body mass index (BMI; categorized as <25, 25-30, and >30 kg/m(2) ), acute-phase reactants, IgM rheumatoid factor, and anti-cyclic citrullinated peptide antibody values were collected. DAS28 remission was defined as a score of <2.6 lasting for at least 3 months. RESULTS: Six hundred forty-one outpatients with longstanding RA receiving anti-TNFα blockers (adalimumab, n = 260; etanercept, n = 227; infliximab, n = 154), recruited from 2006-2009 and monitored for at least 12 months, were analyzed. The mean ± SD DAS28 at baseline was 5.6 ± 1.4. A BMI of >30 kg/m(2) was recorded in 66 (10.3%) of 641 RA patients. After 12 months of anti-TNFα treatment, a DAS28 of <2.6 was noted in 15.2% of the obese subjects, in 30.4% of the patients with a BMI of 25-30 kg/m(2) , and in 32.9% of the patients with a BMI of <25 kg/m(2) (P = 0.01). The lowest percentage of remission, which was statistically significant versus adalimumab and etanercept (P = 0.003), was observed with infliximab. CONCLUSION: Obesity represents a risk factor for a poor remission rate in patients with longstanding RA treated with anti-TNFα agents. A personalized treatment plan might be a possible solution.

 

目的肥満は軽度の、持続性の炎症性疾患で、このように、関節リウマチ(RA)の炎症性の負担を増加させることができた。
肥満がメトトレキセートか他の病態修飾性抗リウマチ薬で治療にもかかわらず進行性および活動性疾患の抗腫瘍壊死因子α(抗TNFα)治療を必要としているRA患者で低い緩解率のために危険因子を意味するかどうか、研究目的は決定することになっていた。
方法患者は、Gruppo Italiano di Studio sulleアーリーArthritisネットワークに参加しているイタリアで、大学病院と病院の15の外来診療所から同定された。
28本の関節(DAS28)(体格指数)の疾患活動性スコア(BMI;<25、25-30と>30kg/m(2)として分類する)、急性期反応体、IgMリウマチ因子と抗周期的citrullinatedされたペプチド抗体値は、集められた。
DAS28寛解は、少なくとも3ヵ月間の二十の<2.6の耐久性と定義された。
結果抗TNFα遮断薬を受けている長年のRAの641人の外来患者(アダリムマブ、n = 260;エタナーセプト、n = 227;インフリキシマブ、n = 154)、月を2006-2009から補充して、少なくとも12をモニタして、分析された。
ベースラインの平均±SD DAS28は、5.6±1.4であった。
>30kg/m(2)のBMIは、641例のRA患者のうちの66例(10.3%)で記録された。
12ヵ月の抗TNFα治療の後、<2.6のDAS28は、肥満被験者の15.2%で、25-30kg/m(2)のBMIを有する患者の30.4%で、そして、<25kg/m(2)(P = 0.01)のBMIを有する患者の32.9%でみられた。
寛解(それはアダリムマブとエタナーセプト(P = 0.003)に対して統計的に有意だった)で最も低いパーセンテージは、インフリキシマブで観察された。
結論肥満は、抗TNFα薬剤を用いた治療を受ける長年のRA患者で、低い緩解率のために危険因子を意味する。
個人的なことと取られた治療計画は、ありうる解釈であるかもしれない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x