医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Modulation of bone turnover in orchidectomized rats treated with raloxifene and risedronate.

Published date 2012 Jul 4

Modulation of bone turnover in orchidectomized rats treated with raloxifene and risedronate.

orchidectomizedされたラットにおける骨交代の調節は、ラロキシフェンとrisedronateと交渉した。

Published date

2012-07-04

Author

Naglaa F Khedr, Nahla E El-Ashmawy, Hoda A El-Bahrawy, Ali A Haggag, Eman E El-Abd

Affiliation

Department of Biochemistry, Faculty of Pharmacy, Tanta University, Gharbia, 31527, Egypt.

Abstract

Osteoporosis is a reduction in bone mineral density (BMD). It develops less often in men than in women. This study aimed to evaluate the bone protective effects of raloxifene (RAL), risedronate (RIS), and their combination on osteoporotic male rats. Forty male Wister rats (12 weeks) were randomly divided into five groups: sham-operated group (n = 8), orchidectomized (ORX) group (n = 7), RAL group (n = 9), RIS group (n = 7) and RAL + RIS group (n = 7). RAL was orally administered at 3 mg/kg three times/week, and RIS was given subcutaneously at 5 μg/kg, twice weekly. After 6 weeks of treatment, serum cathepsin-K, alkaline (ALP) and acid phosphatase activities, serum osteocalcin, serum Ca(2+) , and Pi were determined. Urinary Ca(2+) and deoxypyridinoline levels, BMD, and Ca(2+) content of femur ash were estimated. Histochemical localization of ALP activity of tibia and histomorphometry was examined. As compared to sham, ORX rats showed a significant increase in bone turnover markers, and histochemical activity of ALP was increased markedly in proximal tibia of ORX rats, whereas BMD and Ca(2+) content of femur ash were reduced after ORX. These changes were modulated after treatment with RAL and RIS or both to ORX rats; BMD of femur was improved by each treatment, and bone turnover markers were reduced as compared to ORX vehicle group. We concluded that orchidectomy induced osteoporosis and increased bone turnover in male rats because of withdrawal of sex hormones. Both RAL and RIS could treat osteoporosis in ORX rats; they reduced bone turnover markers and maintained BMD.

 

骨粗鬆症は、骨塩密度(BMD)の減少である。
それは、女性でより男性でしばしば発現しない。
本研究は、骨粗鬆症の雄のラットの上でラロキシフェン(RAL)、risedronate(RIS)とそれらの組合せの骨保護作用を評価することを意図した。
40匹の雄のウィスター・ラット(12週)は、5つの群にランダムに分けられた:見せかけの手術をした群(n = 8)、orchidectomizedされた(ORX)群(n = 7)、RAL群(n = 9)、RIS群(n = 7)とRAL + RIS群(n = 7)。
RALは3mg/kgで3回/週経口投与だった、そして、週2回、RISは5μg/kgで皮下に与えられた。
6週の治療の後、血清カテプシン-K、アルカリ(ALP)および酸性のホスファターゼ活動、血清オステオカルシン、血清カルシウム(2+)とπは、測定された。
大腿骨灰の尿Ca(2+)とデオキシピリジノリン・レベル(BMD)とCa(2+)含有量は、推定された。
脛骨と組織形態計測のALP活動の組織化学的局在は、調べられた。
偽物と比較すると、ORXラットは骨交代標識の有意の増加を示した、そして、ALPの組織化学的活性はORXラットの近位脛骨で著しく増加したが、大腿骨灰のBMDとCa(2+)含有量はORXの後減らされた。
これらの変化は、ORXラットにRALとRISまたは両方ともで治療の後調整された;大腿骨のBMDは各治療によって改善された、そして、骨交代標識はORX媒体群と比較すると減らされた。
我々は、除睾術が骨粗鬆症を誘発して、性ホルモンの撤回のため、雄のラットで骨交代を増加させると結論した。
RALとRISは、ORXラットで骨粗鬆症を治療することができた;彼らは骨交代標識を減らして、BMDを維持した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x