医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Duloxetine in the management of chronic musculoskeletal pain.

Published date 2012 Jun 19

Duloxetine in the management of chronic musculoskeletal pain.

慢性的な筋骨格痛の管理のデュロキセチン。

Published date

2012-06-19

Author

Howard S Smith, Eric J Smith, Benjamin R Smith

Affiliation

Department of Anesthesiology, Albany Medical College, Albany, NY.

Abstract

Chronic musculoskeletal pain is among the most frequent painful complaints that healthcare providers address. The bulk of these complaints are chronic low back pain and chronic osteoarthritis. Osteoarthritis is the most common form of arthritis in the United States. It is a chronic degenerative disorder characterized by a loss of cartilage, and occurs most often in older persons. The management of osteoarthritis and chronic low back pain may involve both nonpharmacologic (eg, weight loss, resistive and aerobic exercise, patient education, cognitive behavioral therapy) and pharmacologic approaches. Older adults with severe osteoarthritis pain are more likely to take analgesics than those with less severe pain. The pharmacologic approaches to painful osteoarthritis remain controversial, but may include topical as well as oral nonsteroidal antiinflammatory drugs, acetaminophen, duloxetine, and opioids. The role of duloxetine for musculoskeletal conditions is still evolving.

 

慢性的な筋骨格痛は、保健医療提供者が述べる最も頻繁な痛みを伴う訴えの一つである。
大半のこれらの訴えは、慢性腰痛と慢性骨関節炎である。
骨関節炎は、米国のもっとも一般的な病型の関節炎である。
それは軟骨の喪失によって特徴づけられる慢性退行性障害で、多くの場合高齢者に起こる。
骨関節炎と慢性腰痛の管理は、非薬理学的および(例えば、体重減少、抵抗および有酸素運動、患者教育、認識行動療法)薬理学的アプローチを必要とする可能性がある。
激しい骨関節炎痛みをもつ高齢成人は、より少ない激痛を持つ人々より鎮痛薬を服用しそうである。
痛みを伴う骨関節炎への薬理学的アプローチは、論争中であるが、経口であるのと同様に局所非ステロイド性抗炎症薬、アセトアミノフェン、デュロキセチンとオピオイドを含む可能性がある。
筋骨格条件のためのデュロキセチンの役割は、まだ進化している。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x