医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Neurogenic vascular responses in male mouse mesenteric vascular beds.

Published date 2012 Jun 28

Neurogenic vascular responses in male mouse mesenteric vascular beds.

男性のマウス腸間膜血管床の神経性脈管応答。

Published date

2012-06-28

Journal

J Pharmacol Sci. 2012; 119; 260-70;

Author

Hiroki Fujiwara, Narumi Hashikawa-Hobara, Yoshihiro Wake, Shingo Takatori, Mitsuhiro Goda, Hiroshi Higuchi, Yoshito Zamami, Panot Tangsucharit, Hiromu Kawasaki

Affiliation

Department of Clinical Pharmaceutical Science, Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences, Okayama University, 1-1-1 Tsushima-naka, Okayama 700-8530, Japan.

Abstract

Rat mesenteric arteries were maintained by both adrenergic vasoconstrictor nerves and calcitonin gene-related peptide (CGRP) vasodilator nerves. However, functions of these nerves in a pathophysiological state have not fully been analyzed. The use of disease models developed genetically in mice is expected to clarify neural function of perivascular nerves. Thus, we investigated basic mouse vascular responses. Mesenteric vascular beds isolated from male C57BL/6 mouse were perfused with Krebs solution and perfusion pressure was measured. Periarterial nerve stimulation (PNS, 8 - 24 Hz) induced frequency-dependent vasoconstriction, which increased flow rate-dependently. PNS-induced vasoconstriction was abolished by tetrodotoxin (neurotoxin) and guanethidine (adrenergic neuron blocker) and blunted by prazosin (α(1)-adrenoceptor antagonist). Injection of norepinephrine caused vasoconstriction, which was abolished by prazosin. In preparations with active tone, PNS (1 - 8 Hz) induced frequency-dependent vasodilation, which was inhibited by tetrodotoxin, capsaicin (CGRP depletor), and CGRP8-37 (CGRP-receptor antagonist). Injections of CGRP, acetylcholine, and sodium nitroprusside induced vasodilations. Vasodilator response to CGRP was inhibited by CGRP8-37. Immunohistochemical study showed innervation of tyrosine hydroxylase- and CGRP-immunopositive fibers in mesenteric arteries and veins. These results suggest that male mouse mesenteric vascular beds are useful for studying neural regulation of mesenteric arteries, which are innervated by adrenergic and CGRPergic nerves regulating vascular tone.

 

ラット腸間膜動脈は、アドレナリン作用性血管収縮神経とカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)血管拡張神経によって維持された。
しかしながら、病態生理学的状態のこれらの神経の機能は、完全には分析されなかった。
マウスで遺伝的に開発される疾病モデルの使用は、血管周囲神経の神経機能を明らかにすると思われる。
このように、我々は基本的なマウス脈管の反応を調査した。
雄のC57BL/6匹のマウスから分離される腸間膜血管床はクレブス液で注がれた、そして、灌流圧は測定された。
動脈周囲神経刺激(PNS、8 - 24Hz)は周波数依存的な血管収縮を誘発した。
そして、それは流速従属して増加した。
PNSによって誘発された血管収縮はテトロドトキシン(神経毒)とグアネチジン(アドレナリン作動性ニューロン遮断薬)によって無効にされて、プラゾシン(α(1)-アドレナリン受容体アンタゴニスト)によって鈍化した。
ノルエピネフリンの注射は血管収縮を生じた。
そして、それはプラゾシンによって無効にされた。
活発な音による準備において、PNS(1 - 8Hz)は周波数依存的な血管拡張を誘発した。
そして、それはテトロドトキシン、カプサイシン(CGRP枯渇薬)とCGRP8-37(CGRP-受容体拮抗剤)によって阻害された。
CGRP、アセチルコリンとニトロプルシドナトリウムの注入は、血管拡張を誘発した。
CGRPに対する血管拡張反応は、CGRP8-37によって阻害された。
免疫組織化学検査は、腸間膜動脈と静脈でチロシン水酸化酵素、そして、CGRP免疫陽性線維の神経支配を示した。
これらの結果は男性のマウス腸間膜血管床が腸間膜動脈の神経調節を研究することに役立つことを示唆する。
そして、それは血管緊張を調整しているアドレナリン作用性およびCGRPergic神経によって神経を分布される。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x