医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

The effects of memantine on a patient having preclinical dementia with Lewy bodies.

Published date 2012 Jul 25

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

The effects of memantine on a patient having preclinical dementia with Lewy bodies.

前臨床医学レヴィー小体型認知症を呈している患者のメマンチンの作用。

Published date

2012-7-25

Journal

Gen Hosp Psychiatry. 2012;

Author

Masahiko Takaya, Kazuyo Matsusaka, Makoto Yanagida, Ryo Kimura, Hidenori Matsunaga

Affiliation

Abstract

OBJECTIVE: Memantine has been reported to have positive effects on visual hallucinations and cognition in patients with dementia with Lewy bodies (DLB). We hypothesized that memantine would have similar effects on a patient having Charles Bonnet syndrome, preclinical DLB. METHOD: We evaluated the effect of memantine on visual hallucination, cognitive abilities and so on from baseline to 4 months after the start of medication. RESULTS: Treatment of the patient with memantine resulted in the disappearance of visual hallucinations but could not stop the progression to dementia. CONCLUSIONS: Our results suggested that, for a patient having preclinical DLB, memantine had some degree of positive effects, but the mechanism remains to be revealed.

 

目的メマンチンは、レヴィー小体型認知症(DLB)患者で幻視と認識に陽性影響を及ぼすことが報告された。
我々は、メマンチンがC・ボネ症候群(前臨床医学DLB)を有している患者に類似の影響を及ぼすと仮定した。
方法:我々は、ベースラインから薬物の始まりの4ヵ月後にまで幻視、認識能力とその他の上でメマンチンの作用を評価した。
結果メマンチンを有する患者の治療は、幻視の消滅に帰着したが、痴呆に進行を止めることができなかった。
結論:我々の結果は、前臨床医学DLBがある患者では、メマンチンが数度の有効を持つことを示唆した、しかし、機序は明らかにされないままである。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x