医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Risk of falls and major bleeds in patients on oral anticoagulation therapy.

Published date

Risk of falls and major bleeds in patients on oral anticoagulation therapy.

転倒と長調のリスクは、経口抗凝固治療に関して患者で出血する。

Published date

Author

Jacques Donzé, Carole Clair, Balthasar Hug, Nicolas Rodondi, Gérard Waeber, Jacques Cornuz, Drahomir Aujesky

Affiliation

Division of General Internal Medicine, Brigham and Women's Hospital, Harvard Medical School, Boston, MA 02120-1613, USA. jdonze@partners.org

Abstract

BACKGROUND: The risk of falls is the most commonly cited reason for not providing oral anticoagulation, although the risk of bleeding associated with falls on oral anticoagulants is still debated. We aimed to evaluate whether patients on oral anticoagulation with high falls risk have an increased risk of major bleeding.

 

METHODS: We prospectively studied consecutive adult medical patients who were discharged on oral anticoagulants. The outcome was the time to a first major bleed within a 12-month follow-up period adjusted for age, sex, alcohol abuse, number of drugs, concomitant treatment with antiplatelet agents, and history of stroke or transient ischemic attack.

 

RESULTS: Among the 515 enrolled patients, 35 patients had a first major bleed during follow-up (incidence rate: 7.5 per 100 patient-years). Overall, 308 patients (59.8%) were at high risk of falls, and these patients had a nonsignificantly higher crude incidence rate of major bleeding than patients at low risk of falls (8.0 vs 6.8 per 100 patient-years, P=.64). In multivariate analysis, a high falls risk was not statistically significantly associated with the risk of a major bleed (hazard ratio 1.09; 95% confidence interval, 0.54-2.21). Overall, only 3 major bleeds occurred directly after a fall (incidence rate: 0.6 per 100 patient-years).

 

CONCLUSIONS: In this prospective cohort, patients on oral anticoagulants at high risk of falls did not have a significantly increased risk of major bleeds. These findings suggest that being at risk of falls is not a valid reason to avoid oral anticoagulants in medical patients.

 

背景転倒のリスクは経口抗凝固療法を提供しないために最も一般にあげられた理由である、しかし、経口抗凝血薬の転倒と関連した出血のリスクはまだ討議される。
我々は、高い転倒リスクによる経口抗凝固療法に関する患者が大出血のリスク増加を持つかどうかについて評価することを意図した。
方法我々は、経口抗凝血薬によって退院した連続的な成人の内科患者を前向きに調べた。
結果は、第1に対する長調が年齢のために調整される12カ月追跡調査期間以内に出血する時、性、アルコール乱用、多くの薬、抗血小板剤による付随する治療と脳卒中または一過性脳虚血発作の既往歴であった。
結果515人の登録患者の間で、35例の患者は、第1の専攻を追跡調査の間、出血してもらった(出現率:100患者年当たりの7.5)。
全体として、308例の患者(59.8%)は転倒のリスクが高かった、そして、これらの患者は転倒(100患者年(P=.64)当たりの8.0対6.8)の低リスクの患者より有意に高くない大出血の粗出現率を持った。
多変量解析では、高い転倒リスクは、主要裁切りのリスクと統計学的に有意に関係していなかった(危険率1.09;95%信頼区間、0.54-2.21)。
全体として、3つの主要裁切りだけは、転倒の後直接起こった(出現率:100患者年当たりの0.6)。
結論:この将来のコホートにおいて、転倒の高リスクの経口抗凝血薬の患者には、主要裁切りの有意に増加したリスクがなかった。
これらの所見は、転倒の危険にさらされていることが内科患者で経口抗凝血薬を回避するしっかりした理由でないことを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x