医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

[A case report on a patient with inflammatory pseudotumor of the bladder].

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

[A case report on a patient with inflammatory pseudotumor of the bladder].

[膀胱の炎症性偽腫瘍患者の症例報告]。

Published date

Journal

Hinyokika Kiyo. 2012; 58; 295-8;

Author

Mayura Nakano, Sunao Shoji, Yoshihiro Nagata, Toyoaki Uchida

Affiliation

The Department of Urology, Tokai University Hachioji Hospital.

Abstract

A 43-year-old man was referred to our hospital with a bladder tumor, which was incidentally found by abdominal ultrasonography in a health examination. Cystoscopy and magnetic resonance imaging showed a 3 cm submucosal bladder tumor localized at the top of the bladder. We performed transurethral resection of bladder tumor. Histopathological features was inflammatory tumor of urinary bladder. No local recurrence was seen 6 months after surgery.

 

43歳の男性は膀胱腫瘍で我々の病院に紹介された。
そして、それは腹部超音波検査によって健康診査で偶然に見つかった。
膀胱鏡検査と磁気共鳴映像法は、膀胱の最上位で限局される3cmの粘膜下膀胱腫瘍を示した。
我々は、膀胱腫瘍の経尿道的切除を施行した。
組織病理特徴、膀胱の炎症性腫瘍は、そうであった。
局所再発は、手術の6ヵ月後に見られなかった。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x