医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Anti-GQ1b-negative Miller Fisher syndrome after Campylobacter jejuni enteritis.

Campylobacter jejuni腸炎の後の抗GQ1b陰性ミラー・フィッシャー症候群。

Published date

Author

Kyung Yeon Lee

Affiliation

Department of Pediatrics, Ulsan University Hospital, University of Ulsan College of Medicine, Ulsan, Republic of Korea. pdsnoopy@yahoo.co.kr.

Abstract

Miller Fisher syndrome is a clinical variant of Guillain-Barré syndrome, characterized by acute-onset ophthalmoplegia, ataxia, and areflexia. It results from an immune response to a cross-reactive antigen between GQ1b ganglioside in human neurons and lipo-oligosaccharides of certain bacteria, e.g., Campylobacter jejuni. Anti-GQ1b antibody is a powerful diagnostic marker for Miller Fisher syndrome. However, only a small number of anti-GQ1b-negative Miller Fisher syndrome cases are documented. A 13-year-old boy demonstrated typical clinical features of Miller Fisher syndrome 1 week after C. jejuni enteritis, but was anti-GQ1b and anti-GM1b antibody-negative.

 

ミラー・フィッシャー症候群はギラン-バレー症候群の臨床異型である。
そして、急性発症眼筋麻痺、運動失調と無反射によって特徴づけられる。
それは、特定の細菌(例えば、Campylobacter jejuni)のヒトの神経単位とリポオリゴ糖でGQ1bガングリオシドの間に、免疫応答から交差反応を起こし得る抗原まで生じる。
抗GQ1b抗体は、ミラー・フィッシャー症候群の強力な診断用標識である。
しかしながら、少数の抗GQ1b陰性ミラー・フィッシャー症候群症例だけは、記録される。
13歳の男児はC. jejuni腸炎の1週間後にミラー・フィッシャー症候群の典型的臨床的特徴を示したが、抗GQ1bと抗GM1b抗体-否定であった。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x