PubMed日本語 - 心房細動傾向の外科除去と北アメリカの結果。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Surgical ablation of atrial fibrillation trends and outcomes in North America.

Published date 2012 Aug 21

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Surgical ablation of atrial fibrillation trends and outcomes in North America.

心房細動傾向の外科除去と北アメリカの結果。

Published date

2012-08-21

Author

Niv Ad, Rakesh M Suri, James S Gammie, Shubin Sheng, Sean M O'Brien, Linda Henry

Affiliation

Inova Heart and Vascular Institute, Falls Church, VA, USA. Niv.ad@inova.org

Abstract

OBJECTIVE: Despite growing awareness of the clinical significance of atrial fibrillation (AF) and observational data demonstrating the safety and efficacy of surgical therapy, AF ablation is variably performed among patients with AF undergoing cardiac surgery. We examined the national trends of surgical ablation and perioperative outcomes for stand-alone surgical ablation of AF.

 

METHODS: Using the Society of Thoracic Surgeons Adult Cardiac Surgery Database, 91,801 (2005-2010) surgical AF ablations were performed of which 4893 (5.3%) were stand-alone procedures. The outcomes of 854 propensity-matched pairs having "on" versus "off" cardiopulmonary bypass stand-alone ablation were compared.

 

RESULTS: The percentage of patients with preoperative AF increased from 2005 to 2010 (from 10.0% to 12.2%). Overall, 40.6% of patients with AF underwent concomitant surgical ablation-a significant decline of 1.6% from 2005 to 2010. The number of stand-alone surgical ablations increased significantly from 552 to 1041 cases (2005-2010). Overall, the stand-alone group had a mean age of 60 years, 71% were men, and 80% were treated "off" cardiopulmonary bypass. The "on" cardiopulmonary bypass group had significantly more pulmonary disease, diabetes, and congestive heart failure. Overall, the operative mortality and stroke rate was 0.7% for each. After propensity matching, the "off" cardiopulmonary bypass group underwent significantly fewer reoperations for bleeding and had a lower incidence of prolonged ventilation and shorter hospitalization. New pacemaker implantation was low, without group differences.

 

CONCLUSIONS: The prevalence of AF in patients undergoing cardiac surgery has increased, as has the number of stand-alone surgical ablations. The treatment of concomitant disease declined slightly. Isolated surgical ablation is safe, performed "on" or "off" cardiopulmonary bypass. These results support consideration of surgical AF ablation as an alternative to percutaneous ablation for patients with lone AF.

 

目的心房細動(AF)の臨床的重要性と外科的療法の安全性および有効性を示している観察的なデータの高まる認識にもかかわらず、AF切断は、心臓外科を受けているAFを有する患者の間で、可変に施行される。
我々は、外科除去と術中結果の国勢にAFの独立型外科除去がないか調べた。


方法胸部の外科医成人心臓外科データベースの協会を使用して、4893(5.3%)が独立型処置であった91,801の(2005-2010)外科AF切断は、施行された。
「外れた」両心バイパスに対して独立型除去を身に着けている854の傾向がマッチした対の結果は、比較された。


結果術前AFを有する患者のパーセンテージは、2005から2010年(10.0%から12.2%まで)まで増加した。
全体的に、AFを有する患者の40.6%は、付随する外科切断を受けた- 2005~2010から1.6%での有意の低下。
独立型外科除去の数は、552から1041例(2005-2010)まで有意に増加した。
全体として、独立型群は60歳の平均年齢があった、71%は男性であった、そして、80%は両心バイパス「を離れて」治療を受けた。
「載って」心肺ものは、群が有意により多くの肺疾患、糖尿病とうっ血心不全があったことを回避する。
全体として、手術死亡率と脳卒中率は、各々のための0.7%であった。
合っている傾向の後、「外れた」両心バイパス群は出血のために有意により少しの再手術を受けて、長期間にわたる換気とより短い入院の低い発生率を持った。
群の違いなしで、新しいペースメーカー埋め込みは低かった。


結論:独立型外科除去の数を持つように、心臓外科を受けている患者におけるAFの有病率は増加した。
合併症の治療は、わずかに落ちた。
孤立した外科切断は安全で、両心バイパス「に関して」、または、それ「を離れて」施行される。
これらの結果は、外科AF除去の考慮を単独のAFを有する患者のために、経皮除去に代わるものとして支持する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x