PubMed日本語 - 局所の領域で心血管リスクを評価すること:都市の境界プログラムを越えた健康な心臓。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Assessing cardiovascular risk in regional areas: the Healthy Hearts Beyond City Limits program.

局所の領域で心血管リスクを評価すること:都市の境界プログラムを越えた健康な心臓。

Published date

2012-09-03

Author

Melinda J Carrington, Garry L Jennings, Robyn A Clark, Simon Stewart

Affiliation

Baker IDI Heart and Diabetes Institute, Melbourne, Vic, Australia.

Abstract

BACKGROUND: Cardiovascular disease (CVD) is more prevalent in regional and remote Australia compared to metropolitan areas. The aim of Healthy Hearts was to determine age and sex specific CVD risk factor levels and the potential value of national risk clinics.

 

METHODS: Healthy Hearts was an observational research study conducted in four purposefully selected higher risk communities in regional Victoria, Australia. The main outcome measures were the proportion of participants with CVD risk factors with group comparisons to determine the adjusted likelihood of elevated risk factor levels. Trained personnel used a standardized protocol over four weeks per community to measure CVD risk factor levels, estimate absolute CVD risk and provide feedback and advice.

 

RESULTS: A total of 2125 self-selected participants were assessed (mean age 58 ± 15 years, 57% women). Overall, CVD risk factors were highly prevalent. More men than women had ≥ 2 modifiable CVD risk factors (76% vs. 68%, p < .001), pre-existing CVD (20 vs. 15%, p < .01) and a major ECG abnormality requiring follow-up (15% vs. 7%, p < .001) . Less men reported depressive symptoms compared to women (28% vs. 22%, p < .01). A higher proportion of women were obese (adjusted OR 1.36, 95% CI 1.13 to 1.63), and physically inactive (adjusted OR 1.32, 95% CI 1.07 to 1.63).

 

CONCLUSIONS: High CVD risk factor levels were confirmed for regional Victoria. Close engagement with individuals and communities provides scope for the application of regional risk management clinics to reduce the burden of CVD risk in regional Australia.

 

背景心血管疾患(CVD)は、大都市圏と比較して局所および遠隔オーストラリアで、より大流行である。
健康な心臓の目的は、年齢と性に特異的なCVD危険因子レベルと国立リスク・クリニックの潜在的値を測定することであった。
方法健常な心臓、観察的な研究は、局所のビクトリア(オーストラリア)で4つの目的を持って選択されたより危険性が高い地域で実施された。
主な転帰尺度は、CVD危険因子が高い危険因子レベルの調整された可能性を決定する群比較によりある参加者の比率であった。
訓練された人員は、CVD危険因子レベルを測定して、絶対のCVDリスクを推定して、フィードバックとアドバイスを提供するために、1共有につき4週の間、標準化されたプロトコルを使用した。
結果合計2125人の自動選択された参加者は、評価された(58±15年の平均年齢、57%の女性)。
全体的に、CVD危険因子は高度に一般的だった。
女性には≥2つの修正可能なCVD危険因子(76%対68%(p < .001))があったより多くの男性、既存のCVD(20対15%、p < .01)、そして、追跡調査(15%対7%(p < .001))を必要としている主要なECG異常。
より少ない男性は女性(28%対22%(p < .01))と比較して抑うつ症状を報告した。
女性のA高等比率は太りすぎだったおよび(調整されたオレゴン州1.36、95%CI 1.13~1.63)、物理的に不活性だった(調整されたオレゴン州1.32、95%CI 1.07~1.63)。
結論:高いCVD危険因子レベルは、局所のビクトリアのために確認された。
個人と地域との緊密な関わりは、局所のリスク管理クリニックのアプリケーションが局所のオーストラリアでCVDリスクの負担を減らす範囲を提供する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x