医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

The inhibitory effects of representative chalcones contained in Angelica keiskei on melanin biosynthesis in B16 melanoma cells.

B16黒色腫細胞でメラニン生合成の上でアンゼリカkeiskeiに含まれる代表的なカルコンの抑制効果。

Published date

Journal

Nat Prod Commun. 2012; 7; 1007-10;

Author

Enos Tangke Arung, Shoko Furuta, Kazuhiro Sugamoto, Kuniyoshi Shimizu, Hiroya Ishikawa, Yoh-ichi Matsushita, Ryuichiro Kondo

Affiliation

Department of Forest Product Technology, Faculty of Forestry, Mulawarman University, Samarinda, 75123, Indonesia.

Abstract

In our effort to find new whitening agents, we evaluated the effects of representative chalcones [4-hydroxyderricin (1), xanthoangelol (2), xanthoangelol H (3), deoxyxanthoangelol H (4), and deoxydihydroxanthoangelol H (5)] contained in the stem of Angelica keiskei on tyrosinase and melanin formation in B16 melanoma cells. In addition, the antioxidant effects of these chalcones in ORAC and DPPH assays were also determined. Interestingly, all chalcones (1-5) inhibit melanin formation in B16 melanoma cells, with low cytotoxicity.

 

新しい白くなっている薬剤を見つける我々の努力において、我々は、B16黒色腫細胞でチロシナーゼとメラニン形成に関してアンゼリカkeiskeiの基部に含まれる代表的なカルコン[4-hydroxyderricin(1)、黄色天使オール(2)、黄色天使オールH(3)、デオキシ黄色天使オールH(4)とデオキシジヒドロ黄色天使オールH(5)]の効果を評価した。
加えて、ORACとDPPH分析のこれらのカルコンの酸化防止効果も、決定された。
興味深いことに、低い細胞毒性で、すべてのカルコン(1-5)は、B16黒色腫細胞でメラニン構造を阻害する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x