医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Inflammatory myofibroblastic tumor of the bladder in a 10-year-old girl.

10歳の女児における炎症性筋線維芽細胞のぼうこう腫瘍。

Published date

2012-09-15

Author

Evren Süer, Ömer Gülpınar, Murat Mermerkaya, Berk Burgu, Pinar Celepli, Ayşe Sertçelik, Tarkan Soygür

Affiliation

Department of Urology, University of Ankara, İbn-i Sina Hospital, Sihhiye, Ankara, Turkey.

Abstract

Inflammatory myofibroblastic tumors (IMTs) of the bladder are rarely encountered bladder tumors during the pediatric age. The unknown malignant potential of these tumors causes controversy for their treatment and follow-up. We report a 10-year-old girl who was referred to our clinic with dysuria and enuresis. The clinicopathological evaluation was compatible with IMT and a bladder preserving approach was used. There was no recurrence in the first year of follow-up examinations.

 

膀胱の炎症性筋線維芽細胞性腫瘍(IMTs)は、小児年齢の間のまれに遭遇する膀胱腫瘍である。
これらの腫瘍の未知の悪質な可能性は、それらの治療と追跡調査に論争を生じさせる。
我々は、排尿困難と遺尿症でクリニックに紹介された10歳の女児を報告する。
臨床病理評価はIMTと互換性を持った、そして、アプローチを保存している膀胱が使われた。
再発が、追跡検査の第1の年になかった。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x