医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Systematic review of the efficacy of cilostazol, naftidrofuryl oxalate and pentoxifylline for the treatment of intermittent claudication.

間欠跛行の治療のためのシロスタゾール、ナフチドロフリル・シュウ酸エステルとペントキシフィリンの有効性の系統的再調査。

Published date

2012-10-03

Author

J W Stevens, E Simpson, S Harnan, H Squires, Y Meng, S Thomas, J Michaels, G Stansby

Affiliation

Centre for Bayesian Statistics in Health Economics, University of Sheffield, UK. j.w.stevens@sheffield.ac.uk

Abstract

BACKGROUND: A systematic review and network meta-analysis was undertaken to consider the evidence for the efficacy and tolerability of placebo, cilostazol, naftidrofuryl oxalate and pentoxifylline in patients with intermittent claudication due to peripheral arterial disease (PAD).

 

METHODS: MEDLINE, Embase, Cochrane Library, Cumulative Index to Nursing and Allied Health Literature, Web of Science, Conference Proceedings, BIOSIS, National Research Register and MetaRegister databases were searched. Eligible studies were randomized controlled trials (RCTs) and published systematic reviews of patients with intermittent claudication due to PAD and whose symptoms persisted despite a period of conservative management. Study selection was conducted by one reviewer with involvement from a clinician. Data were extracted by one reviewer with no blinding to authors or journal, and checked by a second reviewer. Outcome measures were maximum walking distance (MWD) and pain-free walking distance (PFWD).

 

RESULTS: The review identified 1876 citations; 26 RCTs met the inclusion criteria for the systematic review. Eleven trials provided data relevant for the meta-analysis. Naftidrofuryl oxalate was ranked first for both MWD and PFWD (probability of 0·947 and 0·987, respectively, of being the best treatment) followed by cilostazol and pentoxifylline. For naftidrofuryl oxalate, cilostazol and pentoxifylline, MWD increased by 60 (95 per cent credible interval 20 to 114) per cent, 25 (11 to 40) per cent and 11 (-1 to 24) per cent respectively relative to placebo, and PFWD increased by 49, 13 and 9 per cent.

 

CONCLUSION: Naftidrofuryl oxalate and cilostazol are both effective treatments for claudication; naftidrofuryl oxalate is likely to be the most effective, with minimal serious adverse events.

 

背景系統的レビューとネットワーク展望研究は、末梢動脈疾患(PAD)により間欠跛行患者でプラセボ、シロスタゾール、ナフチドロフリル・シュウ酸エステルとペントキシフィリンの有効性と忍容性の証拠を考慮するために行われた。


方法MEDLINE、Embase、コクラン図書館、看護と連合国の健康文献に対する累録索引、サイエンスのウェブ、議事録、BIOSIS、ナショナル研究レジスターとMetaRegisterデータベースは、検索された。
資格のある研究は無作為比較試験(RCT)であった、そして、PADによる間欠跛行患者の発表された系統的レビュー、そして、症状は保存的処置の期間にもかかわらず持続した。
研究選択は、臨床医から病変で1人の評価者によって行われた。
データは著者または学術誌に対して盲にすることなしで1人の評価者によって得られて、2人目の評価者によって調べた。
転帰尺度は、最大歩いている距離(MWD)と痛みのない歩いている距離(PFWD)であった。


結果レビューは、1876の引用を特定した;26件のRCTは、系統的レビューの包含基準を満たした。
11件の試験は、展望研究のために関連したデータを提供した。
ナフチドロフリル・シュウ酸エステルは、MWDとシロスタゾールとペントキシフィリンが続くPFWD(それぞれ、0·947と0·987の最善の治療である確率)のために最初にランクを付けられた。
ナフチドロフリル・シュウ酸エステル、シロスタゾールとペントキシフィリンのために、MWDはプラセボと関連してそれぞれ60(95パーセントの信用できる間隔20~114)パーセント、25(11~40)パーセントと11(-1~24)パーセント増加した、そして、PFWDは49、13と9パーセント増加した。


結論ナフチドロフリル・シュウ酸エステルとシロスタゾールは、跛行の両方の有効な治療である;微小重篤な有害事象で、ナフチドロフリル・シュウ酸エステルは、最も効果的になりそうである。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x