医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Topiramate versus Valproate Sodium as Adjunctive Therapies to a Combination of Lithium and Risperidone for Adolescents with Bipolar I Disorder: Effects on Weight and Serum Lipid Profiles.

リチウムの組合せに対する補助的療法と双極I型障害の若者のためのリスペリドンとしてのトピラマート対バルプロ酸ナトリウム:体重と血清脂質プロフィールに対する効果。

Published date

Journal

Iran J Psychiatry. 2012; 7; 1-10;

Author

Javad Mahmoudi-Gharaei, Zahra Shahrivar, Toktam Faghihi, Mohammad Reza Mohammadi, Mehdi Tehrani-Doost, Javad Alaghband-Rad, Padideh Ghaeli

Affiliation

Department of Psychiatry, Roozbeh Hospital, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, Iran ; Psychiatry and Psychology Research Center, Roozbeh Hospital, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, Iran.

Abstract

OBJECTIVE: To compare the effects of topiramate versus valproate sodium as an add-on therapy to a combination of lithium and risperidone (Li+Ris) on body weight and serum lipid profile in children and adolescents with bipolar disorder.

 

METHODS: In a single-blind randomized clinical trial, thirty children and adolescents with bipolar disorder type I in the manic or mixed phase, treated with the combination of Li+Ris at therapeutic doses for at least 4 weeks who had the indication of add-on therapy due to a recurrent episode; a partial response or non response in the current episode or relapse were included. Participants were randomly assigned to receive either topiramate or sodium valproate as the third drug add-on therapy for a total of 6 weeks. Weight, height and serum lipid profiles were determined at baseline and at the end of week 6.

 

RESULTS: Differences in the mean levels of lipid profiles at baseline and after week 6 evaluation were not significant in both treatment groups. BMI z-score increased in both treatment groups, being significant only in the Li+Ris/Valproate group, increasing from (mean±SD) 0.38±0.55 to 0.72±1.23 (p<0.05). Between group changes in BMI z-score was not significant.Among the BMI percentile categories, participants in the normal weight subgroup showed a significant increase in BMI z-score during the 6 week trial, compared to overweight/obese subgroup, in both Li+Ris/Valproate and Li+Ris/Topiramate treatment groups. Elevated mean serum level of triglyceride and a high proportion of participants with elevated total cholesterol (≥ 170 mg/dl), triglyceride (≥ 110 mg/dl), and BMI percentile 85-<95 at baseline (before randomization) and at the end of 6 week study were noted.

 

CONCLUSION: When topiramate and valproate sodium are used for six weeks as adjunctive treatment to a combination of Li+Ris, they act alike on lipid milieu of children and adolescents with bipolar disorder. Both Li+Ris/Valproate and Li+Ris/Topiramate therapies can lead to an increase in BMI z-score. This increase is statistically significant with Li+Ris/Valproate therapy. This suggests that topiramate could attenuate the ongoing weight gain from lithium and risperidone. In this study, the majority of participants who gained weight were those with BMI less than 85th percentile. This suggests that normal weight patients may have greater weight gain potential than overweight/obese patients.High proportion of metabolic abnormalities among the patients at baseline, which remained elevated throughout the trial, warrants cardiometabolic monitoring in this population.

 

目的トピラマートの作用対リチウムの組合せと双極性障害の小児と若者における体重と血清脂質横顔のリスペリドン(Li+Ris)に対する付加治療としてのバルプロ酸ナトリウムを比較すること。
方法躁病であるか混合相(付加治療の徴候を再発性発症により持った少なくとも4週の間治療量でLi+Risの組合せで治療を受ける)の双極性障害I型をもつ一重盲検無作為臨床試験、30人の小児と若者で;現在の発症または再発の部分寛解または非反応は、含まれた。
参加者を,合計6週間のいずれのトピラマートもあるいは第3の薬アドオン治療としてのバルプロ酸ナトリウム投与のいずれかに無作為に割付けた。
体重、高さと血清脂質プロフィールは、試験開始時に、そして、週6の末に決定された。
結果ベースラインの、そして、週6評価の後の脂質プロフィールの平均レベルの違いが、両方の治療群で有意であるというわけではなかった。
BMI z-スコアは両方の治療群が増加した。
そして、Li+Ris/Valproate群だけで有意だった。
そして、(±SDを意味する)0.38±0.55~0.72±1.23(p < 0.05)から増加した。
BMI z-スコアの群変化の間に、Li+Ris/ValproateとLi+Ris/Topiramate治療群において、significant.Amongは、重量超過の/肥満のサブグループと比較したBMIパーセンタイル・カテゴリー(サブグループが6週間の試験の間にBMI z-スコアの有意の増加に示した正常体重の参加者)でなかった。
トリグリセリドの高い平均血清レベルと高い総コレステロール(≥170mg/dl)、トリグリセリド(≥110mg/dl)とベースライン(ランダム化の前に)の、そして、6週間の検査終了後のBMIパーセンタイル85-<95をもつかなりの参加者は、示された。
結論トピラマートとバルプロ酸ナトリウムがLi+Risの組合せに対する補助的な治療として6週の間使われるとき、彼らは双極性障害で同様に小児と若者の脂質環境に従って行動する。
Li+Ris/ValproateとLi+Ris/Topiramate療法は、BMI z-スコアの増加につながることができる。
この増加は、Li+Ris/Valproate治療で統計的に有意である。
これは、トピラマートがリチウムとリスペリドンから進行中の体重増加を軽減することができたことを示唆する。
この研究において、体重が増えた大多数の参加者は、85パーセンタイルめ未満のBMIを持つ人々であった。
ベースライン(それは試験の全体を通じて上昇するままだった)の患者の間の代謝性異常の重量超過の/肥満のpatients.High比率がこの集団で心臓代謝的なモニタリングを正当化するより大きな体重増加可能性が、正常体重患者にはある可能性があることを、これは示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x