医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Halitosis--a common medical and social problem. A review on pathology, diagnosis and treatment.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Halitosis--a common medical and social problem. A review on pathology, diagnosis and treatment.

呼気悪臭-一般の医学および社会問題。病理学、診断と治療に関するレビュー。

Published date

Journal

Acta Gastroenterol Belg. 2012; 75; 300-9;

Author

A Zalewska, M Zatoński, A Jabłonka-Strom, A Paradowska, B Kawala, A Litwin

Affiliation

Department of Otolaryngology, University Hospital (ASK), Wroclaw, Poland. missdoc@poczta.onet.pl

Abstract

Bad breath is a condition that has health and social implications. This paper provides a comprehensive review of the classification of halitosis, it's etiology, it's prevalence, diagnosis and treatment strategies for the condition. Halitosis is affecting about 25-30% of world's population. It includes categories of genuine halitosis, pseudo-halitosis and halitophobia. It is believed that in 80-90% of cases halitosis origins in the oral cavity and the most common causes are: gingival pathologies, caries and poor oral hygiene. Extraoral sources of halitosis are responsible for 10-20% of all cases and are caused by poor diet, alcohol abuse, tobacco smoking, certain drugs and diseases of other parts of digestive tract as well as some systemic conditions. Diagnostics of halitosis includes subjective methods (examiner's sense of smell) and objective methods (instrumental analysis). Simple, subjective examination is considered a "golden standard" in clinical practice. In case of pathological halitosis identifying the direct cause of halitosis is essential. After excluding, or after successful treatment, of all oral pathologies, in case of remaining fetor ex ore identification and treatment of halitosis often requires multidisciplinary approach. Many unknowns remain in causes and mechanisms of halitosis. It can significantly impair quality of life, social interactions, lead directly to depression,low self-esteem or other mood disorders, therefore it is important to properly identify, treat and continue research on halitosis.

 

口臭は、健康と社会的含みがある状態である。
本論文は口臭の分類の広範囲のレビューを提供する、それは病因である、それは状態のための有病率、診断と治療戦略である。
呼気悪臭は、世界の集団の約25-30%に影響を及ぼしている。
それは、純正の口臭、偽口臭とhalitophobiaのカテゴリーを含む。
症例の80-90%において、口腔と最も頻度が高い原因に口臭起源があることが以下の通りであると考えられる:歯肉病理、齲蝕と口腔清掃不良。
口臭の口外のもとは、すべての症例の10-20%の原因となって、消化管ならびに若干の全身症状の他の部分の劣った食事、アルコール乱用、喫煙、特定の薬と疾患に起因する。
口臭の診断法は、主観的な方法(検査者の嗅覚)と客観的な方法(機器分析)を含む。
単純な、主観的な検査は、臨床診療の「金色の標準」と考えられる。
病理学的口臭が生じた場合、口臭の直接的な原因を特定することは、必須である。
除外しているか、成功した治療の後、すべての口腔病理学のうち、残りの口臭が生じた場合、口臭の同定と治療は、多くの専門にわたるアプローチをしばしば必要とする。
多くの未知数は、口臭の原因と機序の中に残る。
それは生活の質、社会的接触場面、直接depression,low自尊心に対する導出または他の気分障害を有意にそこなうことができる、従って、適切に口臭の研究を同定して、扱って、続けることは重要である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x