医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Left ventricular apical aneurysm following primary percutaneous coronary intervention.

Published date 2012 Oct 23

Left ventricular apical aneurysm following primary percutaneous coronary intervention.

初回経皮的冠動脈インターベンション後の左室先端の動脈瘤。

Published date

2012-10-23

Journal

Heart Vessels. 2012;

Author

Masayuki Mori, Kenichi Sakakura, Hiroshi Wada, Nahoko Ikeda, Hiroyuki Jinnouchi, Yoshitaka Sugawara, Norifumi Kubo, Shin-Ichi Momomura, Junya Ako

Affiliation

Division of Cardiovascular Medicine, Saitama Medical Center, Jichi Medical University, Amanuma 1-847, Omiya, Saitama, 330-8503, Japan.

Abstract

Left ventricular apical aneurysm (LVAA) is a serious complication of acute anterior myocardial infarction (MI). The purpose of our study was to investigate the clinical features of LVAA in the primary PCI era. A total of 161 acute anterior MI patients who had primary PCI and had an echocardiogram on chronic phase were included. The development of LVAA was reviewed on chronic phase. Univariate and multivariate logistic regression analyses were performed to identify the predictors of LVAA. Primary stenting was performed in 160 patients (99.4 %). Procedural success was obtained in all patients with a final TIMI flow grade 3 obtained in 142 patients (88.2 %). LVAA developed in the chronic phase in 29 patients (18.0 %). Multivariate logistic regression analysis revealed that peak CK (500 mU/ml increase; OR 1.24, 95 % CI 1.09-1.41, p = 0.001), heart rate at discharge (5/min increase; OR 1.39, 95 % CI 1.03-1.87, p = 0.03), final TIMI flow grade ≤2 (vs. TIMI 3; OR 6.95, 95 % CI 1.70-28.36, p = 0.01) and final myocardial brush grade (MBG) ≤2 (vs. MBG 3; OR 4.33, 95 % CI 1.06-17.66, p = 0.04) were significantly associated with the development of LVAA. The initial TIMI flow grade or the grade of collateral flow was not associated with LVAA. In conclusion, peak CK, heart rate, and final TIMI flow grade or final MBG ≤2 were significantly associated with the development of LVAA. Achieving a TIMI flow grade 3 by primary PCI may be important for preventing LVAA.

 

左室先端の動脈瘤(LVAA)は、急性前壁心筋梗塞(MI)の重篤な合併症である。
我々の研究の目的は、一次的経皮冠動脈インターベンション時代にLVAAの臨床的特徴を調査することであった。
一次的経皮冠動脈インターベンションがあって、慢性期に心エコー図を持っていた合計161例の急性前壁心筋梗塞患者は、含まれた。
LVAAの発生は、慢性期に概説された。
一変量および多変量ロジスティック回帰分析は、LVAAの予測因子を同定するために行われた。
一次ステントは、160例の患者(99.4%)で施行された。
手順の成功は、142例の患者(88.2%)で得られる最終的なTIMIフロー成績3を有するすべての患者で得られた。
LVAAは、29例の患者(18.0%)で、慢性期に発現した。
多変量ロジスティック回帰分析でそのピークのCKが現れた(500mU/mlは増加する;OR 1.24、95%のCI 1.09-1.41、p = 0.001)、退院の心拍数(5/分は増加する;OR 1.39、95%のCI 1.03-1.87、p = 0.03)、最終的なTIMIフロー等級≤2(対TIMI 3;OR 6.95、95%のCI 1.70-28.36、p = 0.01)、そして、最終的な心筋ブラシ級の≤(MBG)2(対MBG 3;OR 4.33、95%のCI 1.06-17.66、p = 0.04)、LVAAの発生と有意に関係していた。
最初のTIMIフロー等級または副次的な流れの等級は、LVAAと関係していなかった。
結論として、ピークのCK、心拍数と最終的なTIMIフローは等級づけられている、または、最終的なMBG≤2はLVAAの発生を有意に伴った。
一次的経皮冠動脈インターベンションによってTIMIフロー等級3を成し遂げることは、LVAAを予防することにとって重要である場合がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x