医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Analyser position for end-tidal carbon dioxide monitoring in a rebreather circuit.

再ひと休み回線の呼気終末の二酸化炭素監視のためのアナライザ位置。

Published date

Journal

Diving Hyperb Med. 2010; 40; 206-9;

Author

Alastair Ineson, Kaylene Henderson, David Teubner, Simon Mitchell

Affiliation

Senior registrar, Department of Anaesthesia, Auckland City Hospital.

Abstract

INTRODUCTION: A diving rebreather currently nearing release incorporates an infra-red CO2 analyser at the end of the exhale hose and uses the expired gas CO2 measurement made at this position to detect hypercapnia. This configuration may allow exhaled anatomic and mouthpiece dead space gas to mix with alveolar gas in the exhale hose thus falsely lowering the CO2 measurement, especially at low tidal volumes.

 

METHODS: A test circuit was constructed using a typical rebreather mouthpiece and exhale hose connected into an anaesthetic machine breathing loop. True end-tidal PCO2 was measured in gas sampled from the mouth and compared breath-by-breath to the PCO2 measured in gas sampled at the end of the exhale hose. Two subjects each completed 60 breaths at tidal volumes of 500, 750, 1000, 1500 and 2000 ml.

 

RESULTS: There was a small (≤ 0.21 kPa) mean difference between true end-tidal CO2 and end-of-hose CO2 at tidal volumes of 1000 ml or more. However, at lower tidal volumes, the mean difference increased and, at 500 ml, it was 1.04 kPa and 0.70 kPa in subjects 1 and 2 respectively.

 

CONCLUSION: Measurement of the peak exhaled PCO2 at the end of a rebreather exhale hose may provide a reasonable estimation of the true end-tidal CO2 at large tidal volumes, but may significantly underestimate the true end-tidal CO2 at low tidal volumes.

 

序論現在退院に近づいているダイビング再ひと休みは、終わりに赤外線CO2分析器を組み込むの息を吐き出す呼気CO2測定が炭酸ガス過剰を検出するこの立場でしたホースと使用。
この構成は、吐き出された解剖学的なおよびマウスピース死腔ガスを中で肺胞気と混ざらせる可能性がある息を吐き出すこのように不正にホース、特に低い一回換気量で、CO2測定を降ろして。
方法回線がそうであった試験は、典型的再ひと休みマウスピースを使用することを造って、麻酔器呼吸ループに接続されるホースを吐く。
正確な呼気終末のPCO2は口から標本抽出されるガスで測定されて、呼吸による呼吸を終わりに標本抽出されるガスで測定されるPCO2と比較したの息を吐き出すホース。
2人の被験者は、500、750、1000、1500と2000mlの一回換気量で、60の呼吸を各々完了した。
結果本当の呼気終末のCO2とホースの端CO2の間の少ない(≤0.21kPa)平均差が、1000ml以上の一回換気量であった。
しかしながら、低い一回換気量で、平均差は増加した、そして、500mlで、それはそれぞれ被験者1と2における1.04kPaと0.70kPaであった。
結論再ひと休み終了後のピークの吐かれたPCO2の測定は、ホースを吐くかなりの一回換気量で本当の呼気終末のCO2の合理的な評価を提供する可能性があって、しかし、低い一回換気量で本当の呼気終末のCO2を有意に過小評価する可能性がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x