医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

[The application of electrical stimulation of the skeletal muscles for the rehabilitation of the patients presenting with peripheral atherosclerosis].

[末梢アテローム硬化を呈している患者の社会復帰のための骨格筋の電気刺激の応用]。

Published date

Journal

Vopr Kurortol Fizioter Lech Fiz Kult. 11-5;

Author

A N Sumin, E V Nedoseĭkina, O G Arkhipov

Affiliation

Abstract

The course of electrical stimulation of the muscles of lower extremities in the patients with peripheral atherosclerosis resulted in the enhancement of exercise tolerance manifested as a significant increase of the six-minute walk distance (p = 0.001). In addition, the patients of the study group reported increased force and endurance of the muscles of lower extremities (by 38-48% and 69-140% respectively) that was absent in the control group. It is concluded that electrical stimulation of the muscles of lower extremities should be included in the combined rehabilitative treatment of the patients presenting with peripheral atherosclerosis.

 

末梢アテローム硬化症患者における下肢の筋肉の電気刺激のコースは、6分の散歩距離(p = 0.001)の有意の増加として明らかにされる運動耐性の強化に帰着した。
加えて、研究群の患者は、対照群で存在しなかった下肢(それぞれ38-48%と69-140%)の筋肉の増加した力と耐久性を報告した。
下肢の筋肉の電気刺激が末梢アテローム硬化を呈している患者の併用復権させる治療に含まれなければならないと結論される。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x