医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Evaluation of potential for toxicity from subacute inhalation of tire and road wear particles in rats.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Evaluation of potential for toxicity from subacute inhalation of tire and road wear particles in rats.

タイヤの亜急性吸入からの毒性への可能性の評価と道は、粒子をラットにつけている。

Published date

Author

Marisa L Kreider, Melanie Doyle-Eisele, Robert G Russell, Jacob D McDonald, Julie M Panko

Affiliation

ChemRisk, LLC, 20 Stanwix Street, Pittsburgh, Pennsylvania 15222, USA. mkreider@chemrisk.com

Abstract

Tire and road wear particles (TRWP) are a component of ambient particulate matter (PM) produced from the interaction of tires with the roadway. Inhalation of PM has been associated with cardiopulmonary morbidities and mortalities thought to stem from pulmonary inflammation. To determine whether TRWP may contribute to these events, the effects of subacute inhalation of TRWP were evaluated in rats. TRWP were collected at a road simulator laboratory, aerosolized, and used to expose male and female Sprague-Dawley rats (n = 10/treatment group) at ~10, 40, or 100 μg/m³ TRWP via nose-only inhalation for 6 h/day for 28 days. Particle size distribution of the aerosolized TRWP was found to be within the respirable range for rats. Toxicity was assessed following OECD guidelines (TG 412). No TRWP-related effects were observed on survival, clinical observations, body or organ weights, gross pathology, food consumption, immune system endpoints, serum chemistry, or biochemical markers of inflammation or cytotoxicity. Rare to few focal areas of subacute inflammatory cell infiltration associated with TWRP exposure were observed in the lungs of one mid and four high exposure animals, but not the low-exposure animals. These alterations were minimal, widely scattered and considered insufficient in extent or severity to have an impact on pulmonary function. Furthermore, it is expected that these focal lesions would remain limited and may undergo resolution without long-term or progressive pulmonary alterations. Therefore, from this study we identified a no-observable-adverse-effect-level (NOAEL) of 112 μg/m³ of TRWP in rats for future use in risk assessment of TRWP.

 

タイヤと道ウェア粒子(TRWP)は、車道でタイヤの相互作用から生じる周囲粒子状物質(PM)の構成要素である。
PMの吸入は心肺罹患率と関係していた、そして、死亡率は肺炎症から生じようと思った。
TRWPがこれらのイベントに関与する可能性があるかどうか決定するために、TRWPの亜急性吸入法の効果は、ラットで評価された。
TRWPは道シミュレータ検査室で集められて、エアロゾル化されて、28日間の6時間/日の間鼻のみの吸入を経て~10、40または100μg/m³TRWPで男性および女性のSDラット(n = 10/治療群)を露出させるのに用いられた。
エアロゾル化TRWPの粒径配布が、ラットのために呼吸できる範囲の中にあるとわかった。
毒性は、OECDガイドライン(TG 412)に従って評価された。
TRWP関連の効果は、生存、臨床観察、体または臓器重量(炎症または細胞毒性の肉眼的病理所見、摂食量、免疫系エンドポイント、血清生化学的検査または生化学的マーカー)の上で観察されなかった。
暴露がそうであったTWRPを伴う亜急性炎症性細胞浸潤のほとんど病巣領域にでなくまれな1の肺で観察する半ばの、そして、低暴露動物でなく、4匹の高度な暴露動物。
これらの変更は軽微で、広く散在して、肺機能に影響を及ぼすために、範囲または重症度で不十分であるとみなされた。
さらにまた、これらの巣状病変が制限されるままで、長期であるか進歩的な肺変更なしで解像度を受ける可能性があると予想される。
従って、本研究から、我々はTRWPのリスクアセスメントで、将来の使用のためにラットでTRWPの112μg/m³のノー-観察可能な-副作用-レベル(NOAEL)を同定した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x